この国を出よ

この国を出よ
ためし読み
定価
1540円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/210
ISBN
9784093897297
〈 書籍の内容 〉
誰が日本をダメにしたのか? 警世憂国対論。
中国がGDPで日本を抜き去り、韓国ではサムスンやLG電子が急激に業績を伸ばす一方で、我が国では、依然として景気回復が遅れ、900兆円以上の借金を抱えて立ち往生している。
 大前研一氏と、同氏と交流のある柳井正氏の2人は、そんな日本に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いている。実際にユニクロでは、世界戦略を進め、上海やパリなど世界各都市に旗艦店を出店して大成功を収めている。
・誰が日本をダメにしたのか?
・「ユニクロ」はなぜ世界へ出るのか?
・そして、ビジネスマンと企業はグローバル社会で
 どう戦えばいいのか?
2大論客による警世憂国対論集。

●主な内容(予定)

「もう黙っていられない」――柳井

「『失われた20年』に失った300兆円」――大前
「絶望的なのに能天気な国民」――柳井
「負け戦に突き進む『ミッドウェー後』とそっくり」――大前
「もはやレールの先は断崖絶壁だ」――柳井
「ジャパン・パッシングが本格化している」――大前
「『実行しない』『信念もない』為政者たち」――柳井

「グローバル時代に生き残る人材となるために」――大前

ほか
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
世界が注目する経営者、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長(CEO)が初めて語る「憂国論」。
そして、屈指の経営コンサルタント・大前研一氏とともに論じる「復活への処方箋」。
そして、「グローバル時代に生き残る人材になるにはどうすればいいか」がわかる。ビジネスマン・企業経営者はもちろん、学生やキャリアウーマンなどにとっても必読の書です。

あなたにオススメ!

  • この国を出よ
  • 「リーダーの条件」が変わった
  • 「国家の衰退」からいかに脱す…
  • 日本の真実
  • 日本の未来について話そう
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ