父のビスコ

父のビスコ
定価
1870円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/336
ISBN
9784093888417
〈 書籍の内容 〉
三世代の記憶を紡ぐ初めての自伝エッセイ集
『本の窓』人気連載を元に、昭和、平成、令和 にまたがる三世代の記憶を紡いだ、著者初めての自伝エッセイ集。

-目次より-
「父のどんぐり 」「母の金平糖 」「風呂とみかん」「ばらばらのすし」「やっぱり牡蠣めし」「悲しくてやりきれない」「饅頭の夢」
「おじいさんのコッペパン」「眠狂四郎とコロッケ」「インスタント時代」「ショーケン一九七一」「『旅館くらしき』のこと」「流れない川」 「民芸ととんかつ」「祖父の水筒」「場所」「父のビスコ」ほか。

「金平糖が海を渡り、四人きょうだいが赤い金平糖の取り合いっこをする日が来ていなければ、いまの自分は存在していない。もし、祖父が帰還できなかったら。もし、岡山大空襲の朝、祖母ときょうだいたちがはぐれたままだったら。もし、爆撃機が焼夷弾を落とす範囲が広がっていたら。『もし』の連打が、私という一個の人間の存在を激しく揺さぶってくる」(「母の金平糖より)。

『旅館くらしき』創業者による名随筆を同時収録。
〈 目次をみる 〉
父のどんぐり
母の金平糖
風呂とみかん
冬の鉄棒
白木蓮の家
ピンクの「つ」
ばらばらのすし
ふ、ぷかり
やっぱり牡蠣めし
「悲しくてやりきれない」
「四季よ志」のこと
饅頭の夢
おじいさんのコッペパン
すいんきょがでた
眠狂四郎とコロッケ     
インスタント時代
ショーケン一九七一
ミノムシ、蓑虫
「旅館くらしき」のこと
『倉敷川 流れるままに」』畠山繁子著より
流れない川
民芸ととんかつ
祖父の水筒
場所
父のビスコ
支流 あとがきに代えて

あなたにオススメ!

  • 記憶の断片
  • 宮尾登美子 電子全集19『女…
  • 黄昏流星群 50
  • いつものごはんは、きほんの1…
  • 天頂より少し下って
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31