傘のさし方がわからない

傘のさし方がわからない
ためし読み
定価
1430円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/240
ISBN
9784093888349
〈 書籍の内容 〉
笑えて、ときに泣けてしまう爆走エッセイ!
この本を読んで後悔する人はいない。
むしろ感謝に満ちると思う。岸田家にも自分にも、明日があることに。
――矢野顕子さん激賞!

異例の大反響!
『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』から1年、
ゲラゲラ笑えて、ときにしんみり、なんだか救われてしまう
爆走エッセイ第2弾の登場です。

◎車いすユーザーの母のために、「全財産を使って外車を買った」。
(えらいことになる話より)

◎「24歳の弟は字が書けない(はずだった、怪文書を読むまでは)」のに、
岸田奈美さんの初単行本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』の
ノンブル(ページ数)を書くまで。(おすそわけをもらう話より)

◎隣家がリビングで焼きいもをして火事になった「東京は火の用心、恋用心」
(東京でひとり暮らす話)

◎iDeCoの書類を書きながら、生きる希望について考えた「30年後、きみが
いない世界で」(これからのわたしに宛てる話より)

…など。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
岸田奈美さんがこの1年間でブログサービス「note」に書き綴ったエッセイから、
もっと多くの方に届けたいエッセイを厳選して掲載したのが本書です。
ノンブル(ページ数)は前著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』と同様に、
弟の良太さんが丁寧に丁寧に書いています。
岸田さんの文章は、思わず吹き出して笑ってしまったり、
涙が蛇口のごとくあふれたり、ジェットコースター並みに、感情が揺れ動きます。
そして、私は、読み終えたときに、見えていた景色が変わりました。
なにかに悩んでいるとき、苦しいとき、モヤモヤするとき、
きっと力になってくれる一冊だと思います!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

障がい者福祉に興味がある、これから大学受験をする娘のためと、1週間入院する私のために主人が贈ってくれました。大変な辛い体験でも明るく記してくれる岸田さんの文章に引き込まれました。(40代 女性) 2021.11.19

クルマが好きなのでボルボの話しをきっかけに興味を持ちました。(50代 男性) 2021.11.16

泣いて笑える著者の本が大好きです。いろいろなことを思い出させてくれます。(50代 女性) 2021.11.11

岸田家のぶっ飛び具合が大好きなのです。そして奈美さんの想いに共感できてドーンとストレートに刺さるのです。あなたは幸せな人ですよ。みんなに愛されていますよ。決して強くはないけれど、全部が上手く回っていきますよ。大丈夫大丈夫。そのままでいてください。(40代 女性) 2021.11.8

SNSで岸田奈美さんのブログ記事のリンクを拝見して、見てみると面白くて愛に溢れていて、文章を読むのが嫌いな私が引き込まれました。すぐに書店に行き、家族だから愛したんじゃなくて愛したのが家族だったを買いに走りました。数日で岸田さんの書く文章と岸田家のファンになり、今回2冊目の購入の運びになりました。(20代 女性) 2021.11.7

私が購入しようと思った理由は、次の2点です。 1点目は、FMに出演されているのを拝聴し、身近な話題で共感できる話題が多かった為です。 2点目は、お母さまのひろ実様の入院されておられた病院がたまたま私と同じだったことを知りその後の日常の苦労話を読んでみたいと思った為、購入させて頂きました。(40代 女性) 2021.11.7

岸田奈美さんが好きなので、サイン本が欲しかった! (50代 女性) 2021.10.31

岸田奈美さんのTwitterをみて(30代 女性) 2021.10.22

岸田さんの書く文章が好きだから(40代 女性) 2021.10.20

岸田さんの文章が好きです。 今、育休中です。心が柔らかくなるような本が欲しくて購入しました。おもしろかったです。(30代 女性) 2021.10.18

あなたにオススメ!

  • 家族だから愛したんじゃなくて…
  • 増補版 九十歳。何がめでたい
  • 日めくり 一日一禅
  • 逆襲、にっぽんの明るい奥さま
  • 音楽への礼状
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ