どうせ社会は変えられないなんてだれが言った?

ベーシックサービスという革命

どうせ社会は変えられないなんてだれが言った?
定価
1430円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/256
ISBN
9784093888196
〈 書籍の内容 〉
貯蓄ゼロでも不安ゼロな社会は実現できる!
著者は、2018年、「医療、介護、教育、障がい者福祉のすべてが無償。貯蓄ゼロでも不安ゼロな社会」
を実現するための方法<ベーシックサービス>を発表。
消費税増税の必要性に切り込み、賛否両論を巻き起こしました。
本書はその入門書にして決定版。
なぜ忌み嫌われる「消費税増税」が「格差なき社会」につながるのかを、
軽やかにひもといていきます。

本書には、「社会」という言葉が294件も出てきます。
著者は本気で、税の使い道を通じ、社会を語ろう、社会を変えよう、身近を革命しよう、
と私たちに迫ります。
「人口減少、高齢化、経済の長期停滞、まさに『縮減の世紀』がはじまりました。
のぞましい社会を語りあうのは、いまです。いまなら間にあいます。
これは、知的遊戯ではありません。僕たちの自由を守るための『静かな闘い』です」
……東大を出て大学教授になった“勝ち組"(らしき)著者が、
なぜこんな無骨なまでに熱く語るのでしょうか? 
ベーシックサービス理論とふかく結びつく、著者の壮絶な過去もあますところなく語られます。
著者渾身の静かな、しかし胸熱の闘いに、ぜひあなたも加わってください。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
【著者について】

井手英策 (いで えいさく)
1972年、久留米市生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現在、慶應義塾大学経済学部教授。専門は財政社会学。著書に『幸福の増税論 財政はだれのために』(岩波書店)、『富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く』(集英社)、『欲望の経済を終わらせる』(集英社インターナショナル)、『18歳からの格差論』『いまこそ税と社会保障の話をしよう! 』(いずれも東洋経済新報社)、『ふつうに生きるって何? 小学生の僕が考えたみんなの幸せ』(毎日新聞出版)ほか多数。2015年大佛次郎論壇賞、2016年度慶應義塾賞を受賞。
〈 目次をみる 〉
もくじ(一部抜粋)
■序章:不条理に怒りを!
「俺のようになったいけんよ」と僕が語るわけ/自分で生きろ!と言われても・・・・/僕が助かると家族が不幸になる社会/政治家のせいだ、はもう聞きあきた
■第1章:政治に負けて生まれたベーシックサービス
まさか、あの自民党が!/いまだから話せる希望の党への合流問題/政治との訣別、そして未練/お金なんかで人間のあつかいを変えてたまるか!
■第2章:私の幸せとあなたの幸せをひとつに
お金持ちが受益者になれば格差は拡大?/疑いのまなざしが支配する社会/信頼したほうが得をする社会/多様性を大事にするために
■第3章:できる大改革 できない大改革
ベーシックインカムなら知ってるけどね/特別定額給付金から見えたこと/「貯蓄ゼロでも不安ゼロ」の社会/消費増税は景気を悪くするの?/認められたいという欲求を満たす/MMTじゃいけないの?問われる人間観と社会観
■第4章:新型コロナウイルスが教えてくれたこと
感染予防か?経済か?/政府の「強硬な行動」への抗議/自粛という言葉の恐ろしさ/働きかたまで指図する国/全体主義の条件を満たしつつある日本/ベーシックサービスがなぜ重要なのか/歴史の分岐点だからこそ思うこと
■第5章:ベーシックサービス、その先へ
母と叔母の不可解な行動/それは福祉ではなく、自治だ!/ソーシャルワーカーとベーシックサービス/さあ社会を語ろう、そして変えよう 

あなたにオススメ!

  • 令和日本・再生計画
  • 日本の論点
  • 東京五輪後の日本経済
  • すごい!家計の自衛策
  • 世界一細かすぎる筋トレ図鑑
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ