家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
ためし読み
定価
1430円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/226
ISBN
9784093887786
〈 書籍の内容 〉
笑えて泣ける岸田家の日々のこと
車いすユーザーの母、
ダウン症で知的障害のある弟、
ベンチャー起業家で急逝した父――

文筆家・岸田奈美がつづる、
「楽しい」や「悲しい」など一言では
説明ができない情報過多な日々の出来事。
笑えて泣けて、考えさせられて、
心がじんわりあたたかくなる自伝的エッセイです。

もくじより
◎弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった
◎どん底まで落ちたら、世界規模で輝いた
◎グーグル検索では、見つからなかった旅
◎先見の明を持ちすぎる父がくれたもの
◎忘れるという才能
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
noteやTwitterで話題となっている岸田奈美さん。
岸田さんの文章は、人の感情をゆさぶる力があります。岸田さん節が炸裂するギャグに爆笑した次の瞬間、涙があふれてきます。私など、
読んだ後、見える世界の景色がきっと美しく清々しいものになるはず。ぜひ体験してみてください。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

家族を題材にしていたため。(20代 男性) 2021.2.28

朝のスッキリに出演していた岸田奈美さん、ニコニコしてて幸せオーラと素敵な言葉でビビッときました。 本についていた東京駅の家族写真、当たりの本かと思って興奮してしまいましたが、素敵な写真のおまけ嬉しかったです(40代 女性) 2021.2.21

岸田さんの表現の書き方がとてもおもしろかったです。 途中お母さんのお話の時は外出して読んでいたので途中でやめてまたお家に帰って読むことにしました。(50代 女性) 2021.2.20

私は医療従事者です。 書店で冒頭を読みトリソミーの弟との生活が描かれており、家族の思いや成長過程が面白おかしく描かれていたのが購入のきっかけです。(20代 男性) 2021.2.18

岸田奈美さんの書くあたたかくて少しホロリとしてしまう文章が大好きです。わたしも学生時代に父親を亡くした経験があるので、共感できる部分や、ハッとさせられる部分がたくさんありました。何度も何度も読み返してしまう、とても大切な一冊になりました。(20代 女性) 2021.2.18

   十分深刻になりうる家族構成をエッセイ執筆の必要不可欠の条件に換えて見せる文章力。登場する家族全員が、シリアスドラマも演じられる実力派お笑い芸人のようです。    著者は「わたしが発する言葉は情報過多」だと言います。けれどもだからこそ読み手は、ガンガン展開する話に引き込まれ、笑っては泣いてを忙しく繰り返すのでしょう。    ずっと読んでいたい、もっともっと読みたいと思いました。    また、本の装丁に作り手の愛情がこもっているのを感じました。著者手描きのイラスト、幡野広志さんの写真、そして弟さんのページ番号。    総力あげて、の気概が伝わって来ました。それはつまり関わる人の気持ちを引き寄せる力が著者の生きる姿勢に宿っているということなのでしょう。    すでにSNSの世界では有名な方だそうですが、私は紙のこの本で岸田奈美さんに出会いました。    出版してくださったことに感謝します。(60代 女性) 2021.2.11

Twitterで筆者を知り、文章を楽しく読んでおりました。(30代 女性) 2021.2.7

Twitterから赤べこや車購入の件を読み、文章がとても読みやすく好みだったので、この本買ったら著者の方が美味しい物食べた時の消費税ぐらいになればいいなと購入しました。 個人的にエッセイを買うのは珍しく、10年ぶりぐらいでしたが、とても良かったです。読み終えて元気が出ました。 小学生の娘も興味を持ち、赤べこはこれやでと、写真見せたら「これかー!」と首カクカクしながら大笑いしてました。買って良かったです。(30代 女性) 2021.2.3

家族だから腹が立つ事があり、家族だから情けなく思うこともあり、家族だから捨てられない。 私がいなければ、私がやらなければ、家族はダメになると思っていたけれど、それは私の思い上がりだと気がついた。(40代 女性) 2021.2.2

岸田さんのnoteで、整骨院の先生の話を見たので。(30代 男性) 2021.1.31

あなたにオススメ!

  • 日めくり 一日一禅
  • 定命を生きる
  • 看護助手のナナちゃん
  • 「言葉にできる人」の話し方
  • PLATONIC SEX(小…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ