家族写真

3.11原発事故と忘れられた津波

家族写真
ためし読み
定価
1760円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/370
ISBN
9784093887670

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/10
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「ずーっとおいてきぼりだ、ここは」
第26回小学館ノンフィクション大賞受賞作の単行本化。著者は元テレビディレクターで現在はドキュメンタリー監督として活躍中。


福島県南相馬市で生きる、上野敬幸さん一家を襲った東日本大震災。
上野さんは、両親と幼い2人の子どもの家族4人が津波にのまれました。しかし、その後に起きた原発事故により、自宅のあった地区は避難指示区域に指定されます。そして、行方不明者がまだいるにも関わらず、警察も自衛隊も捜索に入らなくなってしまったのです。

本書は、そのような中で避難を拒み、仲間とともに行方不明の家族を自力で捜す上野さんの姿を、著者が7年にわたり丹念に取材した記録です。震災から年月が経つにつれ一般には報道されにくくなってしまった、被災地での現実が明らかにされる労作です。

「復興」という大きな言葉からはこぼれ落ちる心のこまやかな変遷を、著者は丁寧な筆致で描出します。
「見つからない」のではなく「捜しにきてもらえない」場所にいる行方不明の家族を今も捜索し続ける上野さんや、福島の現在を、ぜひお読みください。

〈 電子版情報 〉
家族写真~3.11原発事故と忘れられた津波~
Jp-e : 093887670000d0000000
「ずーっとおいてきぼりだ、ここは」

第26回小学館ノンフィクション大賞受賞作の単行本化。著者は元テレビディレクターで現在はドキュメンタリー監督として活躍中。


福島県南相馬市で生きる、上野敬幸さん一家を襲った東日本大震災。
上野さんは、両親と幼い2人の子どもの家族4人が津波にのまれました。しかし、その後に起きた原発事故により、自宅のあった地区は避難指示区域に指定されます。そして、行方不明者がまだいるにも関わらず、警察も自衛隊も捜索に入らなくなってしまったのです。

本書は、そのような中で避難を拒み、仲間とともに行方不明の家族を自力で捜す上野さんの姿を、著者が7年にわたり丹念に取材した記録です。震災から年月が経つにつれ一般には報道されにくくなってしまった、被災地での現実が明らかにされる労作です。

「復興」という大きな言葉からはこぼれ落ちる心のこまやかな変遷を、著者は丁寧な筆致で描出します。
「見つからない」のではなく「捜しにきてもらえない」場所にいる行方不明の家族を今も捜索し続ける上野さんや、福島の現在を、ぜひお読みください。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

きっかけは山梨日日新聞に、山梨出身の著者として、本の紹介があったこと。ちょうど『イチエフの真実』を読み終えるタイミングだった事、南相馬に行く予定があったことなど。偶然が重なった為。感想としては、やはり、親として、子供を失った喪失感は耐えられないものがあると思った。上野さんの怒り悲しみ奥様の心の整理の仕方、どれをとっても、理解できるし、また、そんな感情も出てくるのか、と苦しみの深さを知る事にもなった。 たまたま、この連休に南相馬に来ているので、上野さんのご自宅前を通ってみた。胸にこみ上げるものがあった。母屋がなくなり、海も見えず、著書に記された通りの光景だった。 7年もの間、取材続けた著者には、本当に驚くばかり。今後の活躍を期待したい。(40代 女性) 2020.9.23

帯の「今もなお、この土地で起こったことは知られてさえいない」を見て読もうと思いました。(30代 女性) 2020.9.14

震災復興にあたった経験から震災関連本は比較的買い求めています。 忘れないように。(60代 男性) 2020.8.26

私も震災発生当時から東北に通ってボランティアから毎年撮影で取材に訪れています。著者の活動に共感が強く得られる作品でした。まだ南相馬は訪れていないので是非訪問したいと強く思いました。(40代 男性) 2020.6.28

あなたにオススメ!

  • ともしび
  • いつか帰りたい ぼくのふるさ…
  • 日本の未来について話そう
  • ちいさいひと 青葉児童相談所…
  • サケが帰ってきた!
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ