結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記

結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記
ためし読み
定価
1540円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/260
ISBN
9784093887571

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/02/07
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
彼女は、あなただったかもしれない。
2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。

本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。

〈2018年6月6日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉

〈結婚式直後のころと思う。結愛が床に横向きに寝転がっていた時、彼が思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心をおおっているものにひびが入り、ガラガラと音を立てて崩れ落ちた〉

〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とは叱られて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
虐待事件の当事者が、手記という手段で、家庭崩壊の過程や苦悩を綴るのは、極めて珍しいことです。

なぜ、夫の暴力を止めることができなかったのか。
なぜ、過酷な日課を娘に強いたのか。
なぜ、やせ衰えた娘を病院に連れて行かなかったのか。
なぜ、誰にも助けを求めなかったのか。

その答えが本書にあります。
手記を読めば、船戸優里被告は、娘の虐待死において加害者でありながら、夫の執拗な精神的DVによって心がすり減らされていった被害者であるという事実に気がつくはずです。

本書には、虐待事件を精力的に取材してきたルポライターの杉山春氏の解説、そして公判前に優里被告を診断した精神科医の白川美也子氏の診断書(意見書)も巻末に収録しています。手記と併せてご覧いただければ事件の背景が深く理解できると思います。

本書を通じて、児童虐待とDVの実相を知っていただくことで、こうした悲劇が今後二度と起こらないようにすることが筆者、そして出版社の心からの願いです。
〈 目次をみる 〉
出版にあたって 大谷恭子(弁護士) 
プロローグ 
第1章 結愛が生まれた日 
第2章 虐待 
第3章 上京 
第4章 深い闇から 
第5章 生きて償う 
第6章 裁き 
エピローグ 
解説 見えないDVと届かないSOS/杉山春(ルポライター) 
関連年表 
巻末資料 意見書/白川美也子(精神科医)
〈 電子版情報 〉
結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記
Jp-e : 093887570000d0000000
彼女は、あなただったかもしれない。

2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。

本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。

〈2018年6月7日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉

〈結婚式直後のころと思う。何が原因だったか今となってはわからない。結愛が床に寝転がっていたとき彼が横から思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心はガラガラと音を立てて崩れていった〉

〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とはしかられて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

児童相談所で働いています。 この本を読んで、ニュースで知った彼女の印象と、全く異なる母親像が見えたような気がしました。こんなに内省して、文章にできる彼女がなぜ、と思ったり、たくさん発していたSOSに行政が気づいてあげられなかった悔しさを感じたりしながら読みました。 彼女が書籍化を決意したのは、同じ過ちを繰り返してほしくないから、と書いていましたが、その思いを受け取って、仕事に向かいたいと思います。(20代 女性) 2021.6.17

この本の元となった事件をニュース番組で度々観ていて、その度になくならない虐待に胸を痛めていました。ニュース番組では放送されないような詳しいことが本を読めば、知ることができるのではないかと思い、購入しました。また、子どもに関わる職種を目指していて、すごく興味があったので気になり、購入しました。(10代 女性) 2021.2.22

目黒区虐待死事件が衝撃的だったので 真実を知りたいと思い購入しました。 (20代 女性) 2021.1.25

児童虐待とDV被害が同時に起こっている家庭に対する支援について考えてみたいと思い、卒業論文作成の参考文献として購入しました。(20代 女性) 2020.11.16

卒業論文のために、虐待死亡事件について本人の想いや状況を細かく学びたいと思い、購入した。 (20代 女性) 2020.10.5

授業で使った資料の中にこの本の一部が抜粋されていた。2〜3ページ読むだけで自分の知らなかったことや、優里さんの心情など沢山の事が記載されており、もっとこの事件について知りたいと思ったから。(10代 女性) 2020.9.15

とても意義深い本だと思いました。多くの方々に読んでいただきたい文章力だと思いましたし、広く社会の皆さんに知っていただきたい内容だと思いました。(50代 男性) 2020.8.9

つらい。 母親の気持ちを思うとほんとにつらい。ゆあちゃんのお母さんの幸せな時間を取り返してあげたい。(30代 女性) 2020.7.25

買ったきっかけは実話だからです。(40代 女性) 2020.7.24

新作の棚に置いてあり、気になった。 手にとってお母さんの写真が綺麗なこと、日記帳のデザインだったことに惹かれ気になり購入した。(20代 女性) 2020.5.19

あなたにオススメ!

  • 全員死刑
  • 絶望裁判
  • いつでも母と
  • 夜ごとの揺り籠、舟、あるいは…
  • 尾根のかなたに 父と息子の日…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ