結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記

結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記
ためし読み
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/260
ISBN
9784093887571

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/02/07
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
彼女は、あなただったかもしれない。
2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。

本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。

〈2018年6月6日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉

〈結婚式直後のころと思う。結愛が床に横向きに寝転がっていた時、彼が思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心をおおっているものにひびが入り、ガラガラと音を立てて崩れ落ちた〉

〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とは叱られて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
虐待事件の当事者が、手記という手段で、家庭崩壊の過程や苦悩を綴るのは、極めて珍しいことです。

なぜ、夫の暴力を止めることができなかったのか。
なぜ、過酷な日課を娘に強いたのか。
なぜ、やせ衰えた娘を病院に連れて行かなかったのか。
なぜ、誰にも助けを求めなかったのか。

その答えが本書にあります。
手記を読めば、船戸優里被告は、娘の虐待死において加害者でありながら、夫の執拗な精神的DVによって心がすり減らされていった被害者であるという事実に気がつくはずです。

本書には、虐待事件を精力的に取材してきたルポライターの杉山春氏の解説、そして公判前に優里被告を診断した精神科医の白川美也子氏の診断書(意見書)も巻末に収録しています。手記と併せてご覧いただければ事件の背景が深く理解できると思います。

本書を通じて、児童虐待とDVの実相を知っていただくことで、こうした悲劇が今後二度と起こらないようにすることが筆者、そして出版社の心からの願いです。
〈 目次をみる 〉
出版にあたって 大谷恭子(弁護士) 
プロローグ 
第1章 結愛が生まれた日 
第2章 虐待 
第3章 上京 
第4章 深い闇から 
第5章 生きて償う 
第6章 裁き 
エピローグ 
解説 見えないDVと届かないSOS/杉山春(ルポライター) 
関連年表 
巻末資料 意見書/白川美也子(精神科医)
〈 電子版情報 〉
結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記
Jp-e : 093887570000d0000000
彼女は、あなただったかもしれない。

2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。

本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。

〈2018年6月7日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉

〈結婚式直後のころと思う。何が原因だったか今となってはわからない。結愛が床に寝転がっていたとき彼が横から思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心はガラガラと音を立てて崩れていった〉

〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とはしかられて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

私の孫で漢字は違いますが名前と年齢が同じで我が孫の事の様で購入しました。  言葉では簡単に解決する事件ではございませんが命の尊さとお母さんには罪を償って正々堂々とゆあちゃんの分迄生き抜いて欲しいです。  涙なしでは読みきれず天国でも写真の様に微笑んでお母さんの事見守ってるとおもいます。  行政には2度とこのような痛ましい事件が起こらないようにしていただきたいと思います。(50代 女性) 2020.2.20

購入のきっかけ 娘からお母さんと同じような人が書いた本があると進められて知った 感想 読んでみて優里さんの心理状態や周りに助けを求め続けてきたけど伝わらなかったしんどさが私の日常と同一そのものだったことに驚きました 児童相談所や支援機関とどれだけ繋がっていても直接的になにも変わらない生活。身体的DV 以外は見逃される現実、社会の風潮は当事者にとって二次的被害を被ることになります 訴えても届かない思いは諦めとなり誰にもSOS を求めなくなります  私の子どもたちは魂の死を体験しました。その事で今は住所を隠して生活を強いられています  購入した本をこれから何度も何度も読み返して自分史を書きたいと思ってます 向き合う覚悟、勇気を下さりありがとうございました(40代 女性) 2020.2.15

元々興味はあったが、印税が虐待防止などに使われるという情報で、購入した。 本当に、誰でもが起こす可能性はあると思った。(40代 女性) 2020.2.12

結愛ちゃんの事件は本当に痛ましく、結愛ちゃんはとても可愛くいじらしい女の子とお見受けしました。こんな可愛い子供に酷い虐待をつづけて、親は鬼かと思いました。虐待死させて島くらいなら、私が結愛ちゃんの親に、なりたかったです。真実を知りたくて本を購入しました。 (60代 女性) 2020.2.10

子どもを寝かしつけた後に一気に読みました。  今後同じような事件が少しでもなくなるよう、行政の関わり方、まわりの支援の仕方を考えるきっかけになる内容だと思った。加害者であり被害者である著者の気持ちが包み隠さず、記されている貴重な書籍だと感じた。 こういった類の本は怖くて読めないのだが、非常に心に刺さる、読んで良かったと思える本だった。 著者への見る目が180度変わった。救ってあげられなくてごめんなさい。 残された長男、著者のご家族は辛いと思うが、静かに幸せに暮らしてもらいたいと願っています。 勇気を出して出版してくれたことで、この本をきっかけにあなたのことを応援したいと思う人がいるということを伝えてもらいたいです。  225頁に誤植あり。「事件後、~何枚もらった」とあるが「何枚ももらったの間違いではないか。(30代 女性) 2020.2.9

児童福祉に興味があり、 虐待は加害者を責めることでは何も解決しないとずっと感じてきました。 母親たちは、むしろ熱心に育児をしていて、子どもを愛していたのになぜこのような結末になるのか。 この本は、優里さんの思いです。 報道ではわからなかった真実がわかってとてもためになりました。  今後、どのように支援をしていけばいいのか、自分も子育て中で、友達が大変な時どんな声がけができるのか?を改めて感じさせられました。  この本を出版しようと思った方々に感謝します。(30代 女性) 2020.2.9

私は社会福祉士を目指していて、今日では『虐待死』という言葉をよく耳にします。そんな中でこのニュースを見て、「なぜ母親は子を守ることが出来なかったのか」とSNSでよく見ました。しかし私は、大学で社会福祉士の勉強をしていたため、母親は母親なりに頑張っていただろうし、守ることが出来ない理由があったのだろうと思っているとき、本が発売され読むきっかけになりました。読んでみて、虐待の裏にはDVがあったということをもっと沢山のメディアが報道していれば、母親がSNSという裏で責められることはなかっただろうし、余計な重荷を背負うことはなかっただろうと感じました。また、行政の仕事の出来なさに、将来資格を目指している者として情けなく感じました。母親があんなにSOSを自分なりにあんな環境の中出してくれていたのに、なぜ専門職が気づいてやれなかったのか、なぜ見て見ぬ振りをしたのか。悔しいです。  私は、『虐待されてきた子を助けたい』と思っていましたが、今回のニュースや本を見て、子の虐待だけでなく夫婦間のDVも助けられる専門職になりたいです。(20代 女性) 2020.2.8

あなたにオススメ!

  • 全員死刑
  • 絶望裁判
  • いつでも母と
  • 夜ごとの揺り籠、舟、あるいは…
  • 尾根のかなたに 父と息子の日…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829