逆説の世界史 3 ギリシア神話と多神教文明の衝突

逆説の世界史 3 ギリシア神話と多神教文明の衝突
定価
本体1700円+税
発売日
判型/頁
4-6/384
ISBN
9784093887021
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
「ヘラクレス」はなぜキリスト教に負けたか
『逆説の世界史』は、550万部突破のベスト&ロングセラー『逆説の日本史』の著者による新たなライフワーク。構想15年の本シリーズは、民族・宗教・イデオロギーによる偏見や差別を極力排し、世界史を「地球人の視点」で読み解く文明論です。
 待望の第3弾は「多神教文明の興亡」がテーマ。ギリシア神話の神々がキリスト教に撲滅されたように、多神教文明は「強い一神教」に駆逐されるのが世界史の大原則。ところが、日本とインドには、一神教に負けない「強い多神教」がある。その強さの根源にあるものとは!? 
 古代ギリシアにおけるオリュンポスの神々と神話から、古代インドで「完全なる死」を求めて誕生したヒンドゥー教と仏教まで、著者が聖地を訪れながら、その謎に迫ります。
 日本人ほど宗教に疎い民族は世界でも珍しい。自分は「無宗教」だと思い込んでいる多くの日本人が知っておくべき多神教世界のルーツ、さらに欧米・中東の一神教世界との違いがよく分かる必読書です。
『逆説の世界史』の新章「ローマ編」は、9月頃から小学館のウェブサイト「P+D MAGAZINE」(https://pdmagazine.jp/)にて連載予定。

あなたにオススメ!

  • 逆説の世界史 1 古代エジプ…
  • コミック版 逆説の日本史 戦…
  • 池上彰の世界の見方
  • 白川義員 仏教伝来
  • 習近平が変えた中国
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ