旅ドロップ

旅ドロップ
ためし読み
定価
1540円(税込)
発売日
判型/頁
小B6判/176
ISBN
9784093886994
〈 書籍の内容 〉
小さな物語のような37篇の旅エッセー集
「旅にでるとき、私はいつも、ちっぽけな子供に戻ってしまう気がする」

《私とその友人は、十三歳のときに女子校で出会った。どちらも本が好きで外国に憧れていて、ドラマティックなことが好きでおいしいものが好きで、すぐに意気投合した。トーマス・クックの時刻表は、私たちの宝物だった。ひろげて部屋の壁に貼り、「壁のその部分だけ外国みたいだ」と思っていた。》
《考えてみれば贅沢で無謀な旅だった。帰る日も決めず(お金の続く限りいようと思っていた)、泊る場所も決めず(いきあたりばったりの旅こそ、私たちの憧れだった)、言葉もできず、でもともかく可能な限りいろいろな乗り物に乗り、可能な限り遠まわりをして、アフリカ大陸に行こうとしていた。……アフリカ行きは、私と彼女のはじめての旅だった。二十一歳だった。》――「トーマス・クックとドモドッソラ」より

このエッセー集は、2016年から2019年にかけてJR九州の車内誌「Please プリーズ」に36回連載されたエッセーに、同じ〈旅〉をテーマにして書かれた長めのエッセー「トーマス・クックとドモドッソラ」、さらに詩を三篇(夜の新幹線はさびしい/軽く/ウィンダ)収録したもの。エッセーの名手による小さな宝物のような一冊。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

話す言葉が素敵な友人が数人いて、そんな人になりたいなと思ってたとき、決まって江國香織さんの本を読んでいるときいたので手に取りました。(30代 女性) 2021.5.23

私は前に江國香織さんの作品を読ませて頂いて好きになり、本屋で本書を見つけ興味を持ち購入しました。最初は[エッセイか~...]と思っていましたが、楽しく読ませて頂きました。(30代 女性) 2021.5.1

旅に関するエッセイを探していて、本書に行き当たりました。他著(物語のなかとそと等)より開かれた雰囲気があり、江國さんの視点に伴われ、世界を旅する気分に浸れました。(40代 女性) 2020.10.26

江國香織さんが大好きなので、エッセイに興味があり購入(20代 女性) 2020.10.25

江國香織さんの本は出会った時に買います。だから大きな本屋さんに行くと新しい本(見たことない本)があるかな、と大変楽しみです。たくさん江國香織さんの本が並んでいるとわくわくしてスキップしたい気分になります。(30代 女性) 2020.8.10

江國さんの作品はとても好きなのでほとんど読んでいるのですが、実はこの本を知りませんでした。Amazonで他の本を検索して偶然見つけました。ちょうど旅行に持参する本を検討していたので購入しました。1話1話どれも江國さんの感性が煌めいていて、とても楽しめました。短いエッセイなので、旅で読むのに相応しく、本の大きさもちょうど良かったです。装丁も素敵でした。(60代 女性) 2020.7.27

購入のきっかけは、装丁に目を引かれたのと、江國さんの本が好きだったから。 旅行が好きなわたしにとって、すごくおもしろくて、共感できるところがあるので楽しい。(20代 女性) 2020.6.18

コロナ禍で旅に行けず、旅気分を味わえるエッセーを読みたくなり買いました。(20代 女性) 2020.5.20

新聞の書評コーナーを参考に、装丁の素敵さを大事にしてます。 読んだ後も美しいと感じられるものを。(50代 女性) 2020.5.4

旅のエッセイを読みたいと思い、探してるとネットでたどり着きました。 短編ですっと入っていけるのでちょっとの時間でも読めて旅行した気分になれるのですごい良かったです。 江國香織さんの本は初めて買ったのですが、小説も読んでみたいと思いました。(40代 男性) 2020.4.13

あなたにオススメ!

  • ウマノリ!ガールズパーティー…
  • 思春期・革命
  • 世界でいちばん美しい
  • 花にけだもの 1
  • ずけいからけいさんまで さん…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ