天皇陛下のプロポーズ

天皇陛下のプロポーズ
定価
1870円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/264
ISBN
9784093886697

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/03/15
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
初めて明かされる陛下と美智子さま純愛秘話
その時、陛下はタオルで汗を拭きながら、「あんなに正確に粘り強く打ち返してくるのだから、かなわないよ。すごいね」とおっしゃいました。その表情に悔しさは微塵もなく、夏の暑い日差しのもと、むしろさばさばとした爽やかさに満たされているようにも感じられたのです。(本文より)
昭和32年8月19日。軽井沢のテニスコートで運命的な出会いをされた天皇陛下と美智子さま。ご成婚に至るまでお二人の電話の取り次ぎ係としてキューピッド役を務めた織田和雄氏が当時の日記とメモをもとに初めて記した純愛秘話。

織田和雄(おだ・かずお) 昭和10年11月2日、日本人初のオリンピック金メダリスト・織田幹雄の次男として生まれる。中等科2年から高等科、大学まで学習院に通い、天皇陛下の2歳後輩。大学卒業後は、慶應義塾大学大学院などで学んだ後、三菱商事株式会社に入社。定年後は、関東テニス協会副理事長、東京都テニス協会副会長などの要職を歴任。






〈 電子版情報 〉
天皇陛下のプロポーズ
Jp-e : 093886690000d0000000
初めて明かされる陛下と美智子さま純愛秘話。

その時、陛下はタオルで汗を拭きながら、「あんなに正確に粘り強く打ち返してくるのだから、かなわないよ。すごいね」とおっしゃいました。その表情に悔しさは微塵もなく、夏の暑い日差しのもと、むしろさばさばとした爽やかさに満たされているようにも感じられたのです。(本文より)
昭和32年8月19日。軽井沢のテニスコートで運命的な出会いをした天皇陛下と美智子さまが、ご成婚に至るまでお二人の電話取り次ぎ係としてキューピッド役を務めた織田和雄氏。当時の著者の日記とメモをもとに、これまで語られることのなかった純愛秘話を明らかにした歴史の証言。

※この作品には一部カラーが含まれます。

あなたにオススメ!

  • 嘉納治五郎
  • 明仁天皇物語
  • イイでしょ?先輩★
  • いいひと。 18
  • 金栗四三
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ