届け先のわからない手紙、預かります

漂流郵便局 お母さんへ

漂流郵便局 お母さんへ
ためし読み
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/162
ISBN
9784093886635

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/04/22
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
胸にしみる、届けられない母への手紙
「亡くなったお母さんへ 今だから言える たくさんのありがとう」
 漂流郵便局に届いた第一通目の手紙は、こう綴られていました。切実な筆跡で、一輪の赤いカーネーションの絵を添えて。

 漂流郵便局はもともと2013年の瀬戸内国際芸術祭の出展作品として、
瀬戸内の粟島にある古い郵便局舎を蘇らせたアートプロジェクトでした。

 「こちらは、届け先のわからない手紙を受け付ける郵便局です。
いつか所在不明の存在に届くまで、手紙を漂わせてお預かりします。」
というコンセプトが話題を呼んで、
開局7年目の今、預かる手紙は4万通を超えました。

 いつの間にか、漂流郵便局はアート作品から、私たちの心の漂着を許してくれる特別な場所へと変貌してきました。

 本書は『漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります』(2015年初版)に続く書籍です。
開局以来続々と届くお母さんあて、お母さんからの手紙を収録しています。

 文面から伝わる愛、感謝、後悔、反省、勇気、希望……。
かけがえのないひとへの想いが深く温かく胸にしみる一冊です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
泣けます! さまざまな年代、さまざまな人生を歩む人々の、“返事はなくても伝えたい"お母さんへの想いに。
編集者も校閲担当者も、ゲラを読むたびに涙しました。

「きっと私も手紙を書く。その日のせつなさとあたたかさを想う」。

これは漫画家の田村由美さんが本書の帯に寄せてくださった言葉です。
『7SEES』『ミステリと言う勿れ』など著書累計2,000万部超の作品で知られる田村さんは2019年に漂流郵便局を取材。奥深くて壮大なプロジェクトであり、とても不思議であたたかくせつない空間だと感じたそうです。

本書には著者・久保田沙耶さんが描いたイラスト入り「オリジナルはがき」が付いています。ぜひ、かけがえのない人に手紙を書いてください。

漂流郵便局の開局日、時間などはこちら→https://www.mitoyo-kanko.com/awashimaisland/
〈 目次をみる 〉
◆はじめに ひとのかたち
◆はがき紹介 お母さんへ/お母さんより
◆コラム/アナザーストーリー
1)女手ひとつで育ててくれたお母さんへ 
2)お盆にはビールで乾杯しよう! 
3)一度も夢に出てきてくれないね、お母ちゃん
4)母から母へ。どんな思いで綴ったのか、今はもうわからないけれど 
5)まだまだ、教えてもらいたいことがいっぱいあります 
6)「お前はしっかりしとらん」。お説教が聞きたい 
7)お母さん、やっと前を向き始めたから。安心してね 
8)あれから10年。一度も忘れたことはないよ
◆漂流郵便局の歩み
行き場のない想いを預かるということ/これまでと、これから/漂流郵便局ヒストリー
◆インフォメーション
◆おわりに あわのいのち
*本書限定オリジナルはがき(巻末)
〈 電子版情報 〉
漂流郵便局 お母さんへ 届け先のわからない手紙、預かります
Jp-e : 093886630000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

胸にしみる、届けられない母への手紙。

「亡くなったお母さんへ 今だから言える たくさんのありがとう」
 漂流郵便局に届いた第一通目の手紙は、こう綴られていました。切実な筆跡で、一輪の赤いカーネーションの絵を添えて。

 漂流郵便局はもともと2013年の瀬戸内国際芸術祭の出展作品として、
瀬戸内の粟島にある古い郵便局舎を蘇らせたアートプロジェクトでした。

 「こちらは、届け先のわからない手紙を受け付ける郵便局です。
いつか所在不明の存在に届くまで、手紙を漂わせてお預かりします。」
というコンセプトが話題を呼んで、
開局7年目の今、預かる手紙は4万通に迫ります。

 いつの間にか、漂流郵便局はアート作品から、私たちの心の漂着を許してくれる特別な場所へと変貌してきました。

 本書は『漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります』(2015年初版)に続く書籍です。
開局以来続々と届くお母さんあて、お母さんからの手紙を収録しています。

 文面から伝わる愛、感謝、後悔、反省、勇気、希望……。
かけがえのないひとへの想いが深く温かく胸にしみる一冊です。

※巻末に〈本書限定オリジナルはがき〉は電子版には付きません。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

 人の気持ちなんて測れないと思ってたけど、800キログラムもあったなんてびっくりでした。漂流郵便局の年表が書いてあってとても良かったです。そして点線で下に何通届いたっていうのを書いてて、とてもよくわかりました。(60代 女性) 2020.5.18

本の紹介をみただけで泣いてしまいました。コロナ一色の現実。自己中な人間をみていて、ゼロの気持ちになりたくて購入しました。実際読んでみると、それぞれの想いが更に伝わって切なかったです。Twitterのツイートなどもあるけれど形に残るハガキは心にも残りますね。優しい気持ちになりました。(40代 女性) 2020.5.7

あなたにオススメ!

  • 漂流郵便局
  • いつでも母と
  • 発表「母と私」
  • 不協和音
  • 人生論 あなたは酢ダコが好き…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31