ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス

ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス
ためし読み
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/192
ISBN
9784093886581

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/12/14
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
世界とニッポンの「裏」をディープに読む!
世界中のインテリジェンスの専門家に接する佐藤優氏が、「これは敵わない」と瞬時に白旗をあげる人物がいる。それがゴルゴ13、通称「G」だ。

ゴルゴの圧倒的な強さの秘密は、奇跡的な狙撃力だけでなく、実はその「インテリジェンス能力」にもある、と佐藤氏は分析する。

欺瞞に満ちた情報が氾濫する現代社会を生き抜くため、私たちは今、「Gのインテリジェンス」を学ぶ必要がある--。



本書は、ゴルゴのインテリジェンスの秘密を解き明かすだけなく、物語の題材としても人気を集めた「トランプ大統領」「貿易戦争」「AI」「仮想通貨」「ドローン兵器」「フェイクニュース」といった旬のテーマについて、インテリジェンスの視点も交えつつ、ディープに解説します。

その上で、ビジネスパーソンに必要なインテリジェンス能力の本質と、それを得るための具体的な方策についても提案します。

また、「『ゴルゴ13』連載50周年」を記念し、作者のさいとう・たかを氏に、佐藤氏が直撃取材を敢行! 「ゴルゴはなぜ人前で食事をしないのか?」「孤独でも100%仕事を成功させる極意」など、意外な事実が明かされます。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
512日間もの勾留に耐え、信念を貫き通した佐藤優氏。
50年もの間、入院中も休まず連載を続けたさいとう・たかを氏。

そして、いまなお2人は、佐藤氏は月間90本もの締め切りをこなし、さいとう氏は月産ページ数がコミック界最多となるなど、鉄人的なペースで、休むことも失敗することもなく、仕事を続けています。

まさに、この2人こそ「現代のゴルゴ」と呼ぶに相応しい存在です。

「2人のゴルゴ」による類い希な共作は、混沌たる未来を生き抜くための「自己防衛術」の指南書としても、大いに役立ちます!
〈 目次をみる 〉
第一部 国家とリーダー

第1章  トランプ大統領と新・帝国主義

『ゴルゴ13』に登場する「トランプ大統領」
トランプ誕生は「新・帝国主義」の必然
「新自由主義経済」は加速度的に進む
「アメリカ・ファースト」こそ新・帝国主義
権力とカネを独占するエリートへの反発
トランプの「下品力」は希有な能力     
「貿易戦争」も新・帝国主義の行き着く先
『ゴルゴ13』が描く「EU問題」の裏側
闇の国家「ディープ・ステート」の存在
アメリカが警戒するメルケルの思想的背景
欧州が「内燃機関の終焉」を目指す理由


第2章  諜報機関とニッポン

独裁者・金正恩も能力は劣っていない
ヒトラーの著書がドイツでも再版許可
ファシズムを誤解してはいけない
諜報には「守り」と「攻め」の要素がある
情報は「どう分析するか」がすべて
イスラエルの諜報機関が最強である理由
米ロ両国が諜報活動で協力することも
日本の潜在的な諜報能力は低くない
無知な人は「知ろうとしない」だけ
オスプレイの極秘マニュアル流出騒動
沖縄は「便所掃除理論」の犠牲者
沖縄が「独立」すると何が起きるか

『ゴルゴ13』名作ダイジェスト
『夢の国』『欧州再生 EU自動車戦争』『ロンメル将軍の財宝』『琉球の羊』


特別企画 前編
作者さいとう・たかをに『ゴルゴ13』の謎を直撃!
ゴルゴはなぜ人前で食事をしないのか?

『ゴルゴ13』は隣近所の出来事を描写
いちばん怖い政治家はプーチン大統領
「食」と「健康」は常に監視されている
ゴルゴとネコとバラバラ殺人犯の共通点
ゴルゴはアメリカ人にはウケない
『ゴルゴ13』とキリスト教の終末遅延



第二部 テクノロジーと人間

第3章  AIとドローン

データサイエンスとインテリジェンス
「シンギュラリティ」は錬金術師の主張
「AI」でなくなる仕事、生まれる仕事
アマゾン、グーグルも民間の諜報機関
レビューの利用で「選び取る力」が低下
「インテリジェンス・デバイド」が広がる
「ドローン」は軍事技術の落とし子
「ドローン兵器」が街中を飛び回る日
「AI兵器開発」の実験は隠しおおせる
殺し屋は「30万円」、傭兵は「数百円」


第4章  仮想通貨とフェイクニュース

仮想通貨は「銀行の脅威」という現実
「将来的に価値が上がる」との幻想
ホリエモンは「通貨発行権」に反逆
ゴルゴの報酬も仮想通貨になる?
なぜフェイクニュースが蔓延するのか
北朝鮮のミサイル発射で「無知を露呈」
「サリン搭載ミサイル」は脅威じゃない
佐藤流「有意義な情報」のつかみ取り方
「文字情報」と「人的情報」で両輪を作る

『ゴルゴ13』名作ダイジェスト
『ビッグ・データ』『ドローン革命』『最終通貨の攻防』『アームストロングの遺言』


特別企画 後編
作者さいとう・たかをに『ゴルゴ13』の謎を直撃!
ゴルゴと私たちの仕事 たったひとつの共通点

「プロ意識」があるかないかが大きな違い
成功の秘訣はどんなチームを組むか
「孤独」だからこそ生まれるものがある
東郷先生から学んだ「人間の約束と責任」
〈 電子版情報 〉
ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス
Jp-e : 093886580000d0000000
※この作品は固定レイアウト版です。
レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。


世界とニッポンの「裏」をディープに読む!

世界中のインテリジェンスの専門家に接する佐藤優氏が、「これは敵わない」と瞬時に白旗をあげる人物がいる。それがゴルゴ13、通称「G」だ。

ゴルゴの圧倒的な強さの秘密は、奇跡的な狙撃力だけでなく、実はその「インテリジェンス能力」にもある、と佐藤氏は分析する。

欺瞞に満ちた情報が氾濫する現代社会を生き抜くため、私たちは今、「Gのインテリジェンス」を学ぶ必要がある--。


本書は、ゴルゴのインテリジェンスの秘密を解き明かすだけなく、物語の題材としても人気を集めた「トランプ大統領」「貿易戦争」「AI」「仮想通貨」「ドローン兵器」「フェイクニュース」といった旬のテーマについて、インテリジェンスの視点も交えつつ、ディープに解説します。

その上で、ビジネスパーソンに必要なインテリジェンス能力の本質と、それを得るための具体的な方策についても提案します。

また、「『ゴルゴ13』連載50周年」を記念し、作者のさいとう・たかを氏に、佐藤氏が直撃取材を敢行! 「ゴルゴはなぜ人前で食事をしないのか?」「孤独でも100%仕事を成功させる極意」など、意外な事実が明かされます。

※この作品の容量は、59.6MB(校正データ時の数値)です。

あなたにオススメ!

  • 属さない勇気
  • 世界観
  • 平成史
  • 禅と食
  • 侵略する豚
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031