20歳のソウル

奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド

20歳のソウル
ためし読み
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
4-6/256
ISBN
9784093886345

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/08/17
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「市船ソウル」作者と吹奏楽部の絆
「俺の心は死んでても、俺の音楽は生き続ける」――
2017年1月、20歳で短い生涯を閉じた浅野大義さん。癌に侵された彼の告別式には、164人の吹奏楽部員が集まった。そこで奏でられた「市船ソウル」―彼が市立船橋高校在学中に作った曲だった。

2016年甲子園予選千葉県大会で演奏され、Twitterでも話題となったこの曲は、吹奏楽部大会で、高校野球のアルプススタンドで、そして今年の第100回全国高校野球千葉県大会でも、今なお受け継がれている。

朝日新聞「声」欄に投稿された大義さんのお母様の投稿が静かな反響を呼び、報道ステーションでも特集された「市船ソウル」作者と市船の絆、そして告別式に起きた奇跡を辿ります。
〈 電子版情報 〉
20歳のソウル~奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド~
Jp-e : 093886340000d0000000
「市船ソウル」作者と吹奏楽部の絆。

「俺の心は死んでても、俺の音楽は生き続ける」――
2017年1月、20歳で短い生涯を閉じた浅野大義さん。癌に侵された彼の告別式には、164人の吹奏楽部員が集まった。そこで奏でられた「市船ソウル」―彼が市立船橋高校在学中に作った曲だった。

2016年甲子園予選千葉県大会で演奏され、Twitterでも話題となったこの曲は、吹奏楽部大会で、高校野球のアルプススタンドで、そして今年の第100回全国高校野球千葉県大会でも、今なお受け継がれている。

朝日新聞「声」欄に投稿された大義さんのお母様の投稿が静かな反響を呼び、報道ステーションでも特集された「市船ソウル」作者と市船の絆、そして告別式に起きた奇跡を辿ります(2018年8月発表作品)。

あなたにオススメ!

  • 絶望している暇はない
  • ともしび
  • ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ
  • いのちの使いかた
  • tutti! 2
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ