わが家で最期を。

家族の看取り、自分の”そのとき”に後悔しない50の心得

わが家で最期を。
ためし読み
定価
本体1,300円+税
発売日
判型/頁
4-6/224
ISBN
9784093885515

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/05/08
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
住み慣れた家で安らかな最期を迎えるには?
最期のときは、住み慣れたわが家で穏やかに迎えたい。
親や家族もそうして看取りたい。

多くの人の切実な願いは、団塊世代が後期高齢者になり「多死社会」を迎えるこれから、かなえることができるのか?
「できる」、と著者は答える。

わが家での看取りは病院よりお金がかからない。
ちゃんと家で亡くなれば、警察沙汰にはならない。
家族に迷惑をかけずにひっそり死ぬという考えこそ、実はいちばん迷惑。
既婚者で子どもがいたとしても最後はひとりで死ぬ覚悟が必要。
ひとりで死ぬことと、さみしく死ぬことは違う。
長生きすると、ラクに死ねる。
「あの世」はあると思ったほうが人生を終(しま)いやすい。

――など、在宅看取り医として、多くの亡くなった方から教わった大切なことを伝える一冊。



〈 編集者からのおすすめ情報 〉
千場先生はおおらかな人柄で行政を含めた多職種をつなぎ、2016年に
横須賀市を在宅死率全国1位に導きました。(厚生労働省発表。人口20万人以上の都市で全国1位。)
その、在宅看取りの様子はTBS「報道特集」、朝日新聞「ひと」欄などで報道されています。


「白衣を脱いだ医療」が自らの役割だと語り、診療だけではなく、
看取り普及の出前出張講座やイベントを精力的に開催。
死がテーマでありながらユーモアあふれるトークで会場を沸かすことも。
本書はそんなユニークな先生による命のとじ方の心得帖です。
〈 目次をみる 〉
◆はじめに                                   

◆1章  人生のゴールを安らかに迎えるための心得10
心得1 人は必ず死ぬと肝に銘じておくべし 
心得2 自宅でひとりで死ぬ覚悟を持つ
心得3 どこでどう死ぬかを考えておく
心得4 死が怖いからこそ、「死」について学んでおく         
心得5 老衰で死ねなくても、長生きをするとご褒美があることを知る
心得6 のぞむ死と現実の死は違う
心得7 死に往くときに苦しいのは、肉体ではなく精神の苦痛である
心得8 死に対する「備え」と「覚悟」は、元気なうちから
心得9 ひとりで死ぬことと、さみしく死ぬことは違う
心得10 のぞましい最期を迎えるには、「家」「人」「金」がキーワードになる
1章のまとめ 


◆2章 最期はこんなに安らかに……実例3

エピソード1 素直に死を受け入れて、安らかな気持ちで往く
エピソード2 最後に苺氷(いちごおり)を食べてほしかった
エピソード3 最後まで思い出の家で暮らした永遠のイケメン


◆3章 家族を安らかに看取るための質問24

Q1 訪問診療のお医者さんをどうやって見つければよいですか?
Q2 夫は月単位の命といわれています。静かな環境を整えるために、家族はどのような点に注意が必要ですか?
Q3 がんの末期は痛みが辛いと聞きました。自宅療養では、どうしてあげればよいのでしょう
Q4 精神的な苦痛に対しては、家族はなにもできないのでしょうか?
Q5 笑いの効用って、よくいいますが、ホントにあるのですか?
Q6 家族が余命数か月といわれています。元気づけてあげたいのですが
Q7 85歳の母にがんが見つかりました。医者は積極的な治療はすすめられないといい、母もそれでいいといいますが、私は不本意です
Q8 よく聞く「胃ろう」とはどんなもの? なにが問題になっているのですか?
Q9「高齢者の胃ろう」は、やるべきではないということでしょうか?
Q10  延命治療は、救命治療とは違うものですか?
Q11「もしものとき」は、どんな選択肢があるのですか?
Q12 いざというときに延命治療をどうするのか、高齢の親に意思表明を書いてほしいのに、「縁起でもない」と、とりあってくれません
Q13 父はがんの末期で、家で療養したいといいます。ちゃんと看護ができるか不安です     
Q14 正直、親を看取るのが怖いです
Q15 看取る怖さを克服するには、どうしたらいいのでしょうか?
Q16 家で看取りたいのですが、どこからが終末期なのか見分けがつきません。救急車を呼ぶべきかとても迷います
Q17 延命措置をやめる決断には、ものすごくためらいがあります
Q18 母を家で看取りたいが、自宅で死ぬと警察沙汰になってしまうと聞きました。本当ですか?
Q19 息を引き取るときに、医師が間に合わなかったら、どうなるのでしょう? 死亡診断書はどうなりますか?
Q20 死ぬ前は、苦しさがもっと増していくの?
Q21 命が燃え尽きるとき、どんな変化が訪れるの?
Q22 延命治療をしない選択をしたが、はたしてあれでよかったのか、今もってわかりません
Q23 いざ臨終のとき、夜間や休日の場合、先生は来てくれますか?
Q24 お別れに立ち会えなかったらと思うと、ひとときも母から目が離せません


◆4章 自分の命を穏やかにとじるための質問13

Q1 還暦を過ぎたころから病気が出てきました。60歳は体の節目なのでしょうか? 
Q2 「平均寿命」まであと十数年しかないと思うと、辛くて、死ぬのが怖くなります
Q3 自分は延命措置をしてほしくない。リビングウィルでの表明が必要ですか?
Q4 千場先生なら、どんなリビングウィルを書きますか?
Q5 家で看取ると病院より費用がかかるのではないですか?
Q6 認知症になっても、我が家で死ねますか?
Q7 離れて暮らす子どもに迷惑をかけたくない。家でひとり、そっとポックリ死にたいのです
Q8 ひとり暮らしでも家族に依存せずに、安らかに家で死ぬことは可能ですか?
Q9 在宅医の先生と相性が悪かったら、途中で先生を変えることは可能ですか?
Q10 自分は妻に看取ってもらうといったら、娘から「むずかしいんじゃないといわれた。なにがいけなかったのだろうか
Q11 自分が先に死んで、人付き合いが下手な夫を残していくのが心配です……
Q12 近所づきあいもなく、友人もいない。孤独死が心配だがどうやって社会とつながっていけばいい?
Q13 お迎えはあるのでしょうか

◆エピローグ
〈 電子版情報 〉
わが家で最期を。~家族の看取り、自分の“そのとき”に後悔しない50の心得~
Jp-e : 093885510000d0000000
住み慣れた家で安らかな最期を迎えるには?

最期のときは、住み慣れたわが家で穏やかに迎えたい。
親や家族もそうして看取りたい。

多くの人の切実な願いは、団塊世代が後期高齢者になり「多死社会」を迎えるこれから、かなえることができるのか?
「できる」、と著者は答える。

わが家での看取りは病院よりお金がかからない。
ちゃんと家で亡くなれば、警察沙汰にはならない。
家族に迷惑をかけずにひっそり死ぬという考えこそ、実はいちばん迷惑。
既婚者で子どもがいたとしても最後はひとりで死ぬ覚悟が必要。
ひとりで死ぬことと、さみしく死ぬことは違う。
長生きすると、ラクに死ねる。
「あの世」はあると思ったほうが人生を終(しま)いやすい。

――など、在宅看取り医として、多くの亡くなった方から教わった大切なことを伝える一冊。

あなたにオススメ!

  • 世界一ラクな「がん治療」
  • 国立がん研究センターのがんと…
  • 女性の<からだと心>安心医学…
  • 患者だからわかる アトピー性…
  • なんとめでたいご臨終
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ