もう時効だから、すべて話そうか

重大事件ここだけの話

もう時効だから、すべて話そうか
ためし読み
定価
本体1,600円+税
発売日
判型/頁
4-6/288
ISBN
9784093885232
〈 書籍の内容 〉
覆面ジャーナリストの裏話満載事件エッセイ
殺人、未解決事件や、闇社会が絡んだ経済犯罪などをテーマに、ノンフィクション作品を次々と発表してきた一橋文哉氏が、これまで語ってこなかった、事件の意外な真相や、取材のとっておきエピソードを披露する、本邦初の「事件エッセイ」。著者の原点となったグリコ森永事件の「かい人21面相」から、三億円強奪、連続少女誘拐、酒鬼薔薇聖斗、オウム真理教、和歌山毒カレー、尼崎連続変死、世田谷一家惨殺、福田和子、渋谷セレブ妻バラバラ殺人、餃子の王将社長射殺、そして清原和博覚せい剤、山口組分裂まで、日本史上重大事件の独自ネタや、警察・司法の体質など事件の背景、社会の闇など、今だからこそ語れる話が次々とが明かされる。さらに、特ダネをとる取材方法や失敗エピソードは、覆面を貫く「生涯一事件記者」・一橋文哉の正体も垣間見られて、これまでの著者の既刊にはない魅力が満載の一冊。

あなたにオススメ!

  • 絶望裁判
  • 東京刑事 8
  • 中途半端なブスはグレない~劣…
  • 闇のイージス 23
  • ピカロ 3
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ