先生、それって「量子」の仕業ですか?

先生、それって「量子」の仕業ですか?
ためし読み
定価
本体1,400円+税
発売日
判型/頁
4-6/192
ISBN
9784093885157
〈 書籍の内容 〉
文系でもわかる世界一やさしい「量子力学」
 「スマホ」「レーザー」「リニアモーターカー」「MRI」「「光合成」・・・すべてが「量子」の仕業、です! 
 目の前にある紙も、私たちの体もその動きも、実はこの宇宙のすべてが「量子」の世界に操られていることを知っていますか?
 人工知能や機械学習など、人類の未来に関わる科学技術の大元にあるのが、「量子力学」。複雑な数式や専門用語が溢れるこの分野を、新進気鋭の科学者がその一切を省いて解説します。
 私たちの常識とはかけ離れたふるまいを見せる、小さな小さな「量子」の世界。まずはその不条理な世界を、楽しい例えを使って紹介します。
 そして、宇宙の誕生から生命の不思議、ドラえもんのひみつ道具や「マトリックス」まで、「量子」の仕業を知ることで目からウロコの理解に導きます。
 かつてSF小説に夢中になった文系の大人も、これから科学の世界を目指す子どもたちにもぜひ楽しんでほしい、これまでなかった科学読み物です!

目次
第1章 量子の素顔
第2章 量子で考える、宇宙と生命の謎
第3章 藤子・F・不二雄と量子の世界
第4章 未来への挑戦

 
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
量子力学は、日本が世界をリードしている分野のひとつです。特に最近よく使われる「最適化問題」をより迅速に解く「量子アニーリング」という計算方法を提案したのは日本人で、近い将来このことでノーベル賞受賞者が出るのでは、とも言われています。
量子の仕業で飛躍的に進化する科学技術の世界。その新たな舳先に立つのは、この本を読んだあなた、もしくはあなたの子どもたちかも知れません。

あなたにオススメ!

  • ドラえもん科学ワールド-ロボ…
  • あなたは生き残れるのか?〔小…
  • ぼくは満員電車で原爆を浴びた
  • ドラえもん科学ワールド 宇宙…
  • ドラえもん科学ワールド-から…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ