112日間のママ

112日間のママ
定価
本体1,300円+税
発売日
判型/頁
4-6/226
ISBN
9784093884648

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/05/27
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「涙で読めない」と書店員さんの声が続々
「夜中の3時だった。僕はもう見ていられなかった。
もうこれは無理だ。奈緒の夫として、奈緒はもうこんなに苦しまなくていい。
そして、息子の父親として、ママのこの姿はもう見せたくない。
もう、十分に頑張った。頑張ったから奈緒は・・・
僕は先生を呼んだ」

 番組のスタイリストとしてサポートしてくれていた奈緒さんとの結婚から、妊娠中の乳がん発覚、その後の出産、闘病、そして最後の日々までが、悲しみと悔恨を込めて驚くほど克明に記されています。
 当たり前の日常が失われていくリアルな記述に「涙で何度も中断した」「自分も妻にちゃんと向き合おうと思った」といった声が数多く寄せられています。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
病気と闘っていく夫妻の関係から別れまでが克明に記された本書は、清水さんから奈緒さんへのラブレターでもあります。
夫を支えようとし続けた奈緒さんのすごさ。
妻の「思い」を守っていこうとする清水さんの切なさ。
誰もが涙し、自分の大事な人との関係を、もう一度考えさせられます。
〈 電子版情報 〉
112日間のママ
Jp-e : 093884640000d0000000
「涙で読めない」と書店員さんの声が続々。

「夜中の3時だった。僕はもう見ていられなかった。
もうこれは無理だ。奈緒の夫として、奈緒はもうこんなに苦しまなくていい。
そして、息子の父親として、ママのこの姿はもう見せたくない。
もう、十分に頑張った。頑張ったから奈緒は・・・
僕は先生を呼んだ」

 番組のスタイリストとしてサポートしてくれていた奈緒さんとの結婚から、妊娠中の乳がん発覚、その後の出産、闘病、そして最後の日々までが、悲しみと悔恨を込めて驚くほど克明に記されています。
 当たり前の日常が失われていくリアルな記述に「涙で何度も中断した」「自分も妻にちゃんと向き合おうと思った」といった声が数多く寄せられています。

 

著者による紹介動画(新刊紹介動画サイト「ウチノヨメ。」より)

 

あなたにオススメ!

  • 座布団一枚!
  • 笑顔のママと僕と息子の973…
  • 金曜日のパリ〔小学館文庫〕
  • 武田久美子という生き方
  • ウメサオタダオと出あう
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ