人生のおさらい

自分の番を生きるということ

自分の番を生きるということ
ためし読み
定価
本体1,600円+税
発売日
判型/頁
A5判/130
ISBN
9784093884495
〈 書籍の内容 〉
佐々木正美が語る幸せな人生のしめくくり方
『育てたように子は育つで』『なやみはつきねんだなあ』に次ぐ、児童精神科医のパイオニア・佐々木正美と魂の詩人・相田みつをによる3冊目のコラボレーション。
著者は、『育てたように…』で子育てを語り、『なやみはつきねんだなあ』で、今を生きることを問いかけてきました。
本書では、子育てを終え、自分の人生を振り返る時期にさしかかった読者に向けて、今年、81歳を迎えた癒やしの精神科医佐々木正美が、自身の人生を振り返りながら、人生の終盤をいかに生きるかを、相田みつをの言葉に載せて語ります。
「人生のおさらい」をすることで、しあわせな人生を締めくくることができます。
巻末には、相田みつを美術館館長が語る「父・相田みつをと佐々木正美さん」を収録。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
佐々木正美さんと相田みつをさんは、共に自分が求める道を自分の努力によって切り開いてきました。これまでの人生を振り返って「悔いはなく、至福の中にいる」という佐々木正美さん。佐々木さんの思いを照射するみつおさんの書とともに味わっていただきたいと思います。
2016年9月に開館20周年を迎える「相田みつを美術館」。本書関連の企画展が予定されています。

あなたにオススメ!

  • 育てたように子は育つ
  • ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ
  • そっと無理して、生きてみる
  • 藤子・F・不二雄の発想術
  • 自分を信じて生きる
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ