バリウム検査は危ない

1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ

バリウム検査は危ない
ためし読み
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/162
ISBN
9784093884464

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/01/08
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
バリウム検査は危ない
全国で年間1000万人が受診するバリウム検査。しかし、実際には技術は古くてがん発見率は低く、しかも事故が多く患者を大きな危険に晒すものであると専門医は批判する。それでも制度が改まらないのは巨大な利権があるからだ。厚労省や自治体の天下り組織が検査を推奨・実施し、メーカーや医者・病院も潤う。その利権は600億円に達する。進化の著しい内視鏡検査に加え、最新式の「リスク検診」ならば、発見率向上に加え医療費4200億円削減の効果もある。
第1章…知られざる大腸破裂と放射線被曝被害、第2章…2つの死亡事故の恐るべき真相、第3章…「検診ムラ」に巣食う600億円利権と天下り天国、第4章…矛盾だらけの国立がん研究センター、第5章…バリウム検査では早期がんは見落とされる、第6章…医師は皆、内視鏡検査を受けている、第7章…「リスク検診」なら発見率は向上し、医療費4200億円削減も可能
〈 目次をみる 〉
プロローグ バリウム検査の終わりを予感させる死亡事故
第1章 知られざる大腸破裂と放射線被曝被害
第2章 2つの死亡事故の恐るべき真相
第3章 「検診ムラ」に巣食う600億円利権と天下り天国
第4章 矛盾だらけの国立がん研究センター
第5章 バリウム検査では早期がんは見落とされる
第6章 医師は皆、内視鏡検査を受けている
第7章 「リスク検診」なら発見率は向上し、医療費4200億円削減も可能
エピローグ メディアの責任と情報リテラシー
〈 電子版情報 〉
バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ
Jp-e : 093884460000d0000000
バリウム検査は危ない!

全国で年間1000万人が受診するバリウム検査。しかし、実際には技術は古くてがん発見率は低く、しかも事故が多く患者を大きな危険に晒すものであると専門医は批判する。それでも制度が改まらないのは巨大な利権があるからだ。厚労省や自治体の天下り組織が検査を推奨・実施し、メーカーや医者・病院も潤う。その利権は600億円に達する。進化の著しい内視鏡検査に加え、最新式の「リスク検診」ならば、発見率向上に加え医療費4200億円削減の効果もある。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

あなたにオススメ!

  • 国立がん研究センターのがんと…
  • 国立がん研究センターの乳がん…
  • 国立がん研究センターの大腸が…
  • 国立がん研究センターの肝・胆…
  • 国立がん研究センターのがんの…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ