キャットニップ

キャットニップ
ためし読み
定価
1320円(税込)
発売日
判型/頁
A5判/128
ISBN
9784093883832

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/03/10
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
『グーグーだって猫である』待望の続編登場
喜びと悲しみ、生と死はいつも隣り合わせ――。
今は亡き〈グーグー〉と〈テンミケ〉、そして〈クロ〉。左目の視力を失った〈タマ〉、グーグーのまねをする〈キジタロー〉、二重人格の〈トラ〉、トイレを失敗しない〈ビー〉……個性あふれる猫たちと交流する日々をやさしく(ある時は厳しく)描いた、傑作コミックエッセー。
大島家の猫は、現在、家猫11匹、周りにいる外猫は5匹。新シリーズ、待望の第1巻!
*〈キャットニップ〉とは猫の好きな草の名前。

全30篇収録。
1 タマの日/2 クロ/3 ケア/4 寒さ対策/5 トラ/6 ガスマスク/
7 16年の不思議なできごと/8 2012年6月のビー/9 猫のフード/
10 ふたたび ごはんの風景/11 なっちゃん病院に行く/12 ビーのPTSD/13 みず・ごはん・おしっこ・うんち/14 金針水晶(ルチルクオーツ)/15 ルチル逝く/16 ビーとルチル/17 ヤン君/18 虫歯・口内炎・歯周病/19 ビー16歳の異変/20 おしっこふとん/21 リボン茶とらねこ/22 ウリちゃんの趣味/23 ナイチンゲール/24 ビーの添い寝/25 ノラ猫の冬仕度/26 なっちゃん どうしらいいの/27 グーグーのツメとクロのツメ/
28 お泊りヒゲちゃん/29 虫歯?/30 夜中のトイレ
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
前シリーズ『グーグーだって猫である』が、今秋WOWOWでテレビドラマ化(4回連続/主演:宮沢りえ/監督:犬童一心)、本作はその続編です。大島先生の猫のコミックエッセー、本作が最新作です。
〈 電子版情報 〉
キャットニップ 1.
Jp-e : 093883830000d0000000
『グーグーだって猫である』待望の続編登場。

喜びと悲しみ、生と死はいつも隣り合わせ――。
今は亡き〈グーグー〉と〈テンミケ〉、そして〈クロ〉。左目の視力を失った〈タマ〉、グーグーのまねをする〈キジタロー〉、二重人格の〈トラ〉、トイレを失敗しない〈ビー〉……個性あふれる猫たちと交流する日々をやさしく(ある時は厳しく)描いた、傑作コミックエッセー。
大島家の猫は、現在、家猫11匹、周りにいる外猫は5匹。新シリーズ、待望の第1巻!
*〈キャットニップ〉とは猫の好きな草の名前。

全30篇収録。
1 タマの日/2 クロ/3 ケア/4 寒さ対策/5 トラ/6 ガスマスク/
7 16年の不思議なできごと/8 2012年6月のビー/9 猫のフード/
10 ふたたび ごはんの風景/11 なっちゃん病院に行く/12 ビーのPTSD/13 みず・ごはん・おしっこ・うんち/14 金針水晶(ルチルクオーツ)/15 ルチル逝く/16 ビーとルチル/17 ヤン君/18 虫歯・口内炎・歯周病/19 ビー16歳の異変/20 おしっこふとん/21 リボン茶とらねこ/22 ウリちゃんの趣味/23 ナイチンゲール/24 ビーの添い寝/25 ノラ猫の冬仕度/26 なっちゃん どうしらいいの/27 グーグーのツメとクロのツメ/
28 お泊りヒゲちゃん/29 虫歯?/30 夜中のトイレ

【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。

あなたにオススメ!

  • あたまがコんガらガっち劇場
  • STYLE
  • 戯曲あずみ
  • がきデカ THE BEST …
  • 父の暦(小学館文庫)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ