アー・ユー・フリー?

自分を自由にする100の話

アー・ユー・フリー?
ためし読み
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/320
ISBN
9784093883528
〈 書籍の内容 〉
枕元に置きたい、愛と笑い溢れる気づきの書
<僕は「捨てろ」なんて教訓じみたことは言わないよ。持ってたっていいんだ。人間っていうのは持ちたいんだから。でももし、それがなくなったときには「チャンスだ!」って思うことだよ。持ってるものがなくなったら、次のものを握れるんだから、なくしたらチャンスだ(笑)。恋人と別れたら「しめた、次のいいのが来る!」(笑)。その発想!>
著者は、英語には「自由」にあたる言葉は二つあって、しばりつけられた環境から解放されるようなときにはリバティ(loberty)、どんな環境にかかわらず、おのれが自由であるときはフリーダム(freedom)。「アー・ユー・フリー?」と聞いたら、「心が解放されて、生き生きとしていますか?」ということだと言います。NHK「おはよう日本」「ETV特集」で大反響の累計50万部のベストセラー詩集『求めない』『受いれる』を著した加島氏の根っこにあるのは、いまの自分を受いれて、自分を自由にしようという思想です。
90歳を迎えた著者が、25年間にわたって、講演会やトークイベントで話してきたことのなかから、優しくユーモアたっぷりの語り口そのままにセレクトした100話。どこからでも、繰り返し読める、枕元に置いておきたい1冊。

あなたにオススメ!

  • 求めない
  • 毎日をいきいきと生きる100…
  • ひとりを怖れない
  • 禅と食
  • 文豪たちの関東大震災体験記
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ