2015年放射能クライシス

2015年放射能クライシス
定価
本体1,200円+税
発売日
判型/頁
4-6/224
ISBN
9784093882064

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/19
形式
XMDF,ePub
〈 書籍の内容 〉
4年後に起こるニッポンの危機とは何か?
おびただしい量の放射性物質が拡散してしまった日本。かつては「原発推進派」で日本原子力学会平和利用特賞まで受賞した科学者である著者が、2015年が日本の節目であると分析する。チェルノブイリ事故による小児がん患者が4年後に急増したからである。ヨーロッパの論文によれば、今回の事故で最大40万人のがん患者が発生する可能性まで指摘されている。かつて旧ソ連も原発事故が引き金となって崩壊へと突き進んでいった。高度なネット社会のなかで、この厳しい現実に直面した時に予想される国内外の激しいリアクションに日本は耐えられるのか? 放射能汚染によって世界の中で孤立化する日本の辿る道とは? 生活、社会、経済に忍び寄る本当のクライシスとは? あらゆる側面から近未来予想図を描く。そしていまある食品や水は大丈夫なのか?魚はプルトニウムに汚染されていないのか? といった具体的な例を挙げながら現状での危機を避ける生き方も提示する。さらには「事実を隠しウソをつく」企業や政府、メディアの欺瞞と裏側を暴き、2015年の悪夢を回避するためにいま最も必要なものは何なのかを説く。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
これは予言の書ではありません。科学者が極めて合理的に判断し予測した近未来ニッポンの姿です。事故直後のパニック状態から一段落し、いま第2ステージに入った原発問題。ホラー映画のように「見えない」放射能汚染が不気味に忍び寄り、楽観論と悲観論が交錯している現状。著者はこういう時こそ感情に流されない、冷静かつ論理的思考の必要性を説く。人類史上経験したことのない未曾有の危機をどう乗り越えていくのか?論理破綻、思考停止に陥っているニッポン人に警鐘を鳴らす。全国民必読の書です。
〈 電子版情報 〉
2015年放射能クライシス
Jp-e : 093882060000d0000000
4年後に起こるニッポンの危機とは何か?

おびただしい量の放射性物質が拡散してしまった日本。かつては「原発推進派」で日本原子力学会平和利用特賞まで受賞した科学者である著者が、2015年が日本の節目であると分析する。チェルノブイリ事故による小児がん患者が4年後に急増したからである。ヨーロッパの論文によれば、今回の事故で最大40万人のがん患者が発生する可能性まで指摘されている。かつて旧ソ連も原発事故が引き金となって崩壊へと突き進んでいった。高度なネット社会のなかで、この厳しい現実に直面した時に予想される国内外の激しいリアクションに日本は耐えられるのか? 放射能汚染によって世界の中で孤立化する日本の辿る道とは? 生活、社会、経済に忍び寄る本当のクライシスとは? あらゆる側面から近未来予想図を描く。そしていまある食品や水は大丈夫なのか?魚はプルトニウムに汚染されていないのか? といった具体的な例を挙げながら現状での危機を避ける生き方も提示する。さらには「事実を隠しウソをつく」企業や政府、メディアの欺瞞と裏側を暴き、2015年の悪夢を回避するためにいま最も必要なものは何なのかを説く。

あなたにオススメ!

  • 原発は“安全”か
  • リーダーズチョイス BEST…
  • 暴走する原発
  • ゴーマニズム宣言SPECIA…
  • 万博の歴史
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ