「孤独の力」を抱きしめて

「孤独の力」を抱きしめて
ためし読み
定価
本体1333円+税
発売日
判型/頁
4-6/226
ISBN
9784093881852
〈 書籍の内容 〉
孤独をプラスの力に転嫁させる生き方指南書
孤独死、自殺、いじめ、シングルで生きるということ……現代社会の中でマイナスのイメージが定着している「孤独」は、それほどまでに忌み嫌うべきものなのだろうか? 「私は孤独が大好物」と言う作家が、満腹になるほど流布されている孤独の負の側面ではなく、内面に新しい酸素を吹き込み、心を豊かに強くしてくれる「正の孤独」に光を当てる。孤独とまっすぐに向かい合い、孤独をやさしく“ハグ"することで、人生の養分にもなり、大きなプラスの力にも転嫁できる。シングルマザーの子どもとして育ったこと、ラジオ局勤務時代、フェミニストとして、愛犬や大切な友との別れ、母の介護、遺言書の作成、これからの夢……自身の人生を振り返りながら綴る、珠玉のエッセイ。また、多くのひとに「あなたは孤独ですか?」「どんなときに孤独を感じますか?」というアンケートを実施し、その結果をもとに、「断ることを恐れる鎖」「普通という鎖」「あなたとおんなじ!シンドロームという鎖」など、負の孤独から開放されるために引きちぎりたい7つの鎖や、上質な孤独を作る方法、著名人が残した言葉や生き方に学ぶ孤独などを紹介。

あなたにオススメ!

  • 後妻白書
  • 浮世に言い忘れたこと
  • たった1分で心が軽くなる ポ…
  • ソムリエの流儀
  • 人生の退き際
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ