座布団一枚!

桂歌丸のわが落語人生

座布団一枚!
ためし読み
定価
本体1,000円+税
発売日
判型/頁
B6判/194
ISBN
9784093881388
〈 書籍の内容 〉
人気番組『笑点』の司会者・桂歌丸の一代記
長寿番組『笑点』の五代目司会者であり、日本中にその顔と名前が知られる、人気落語家・桂歌丸。1936年、横浜に生まれた桂歌丸は中学三年生で五代目古今亭今輔に入門。後に四代目桂米丸に再入門。1966年に始まったテレビ番組『笑点』では、唯一、放送開始時からレギュラー出演を続けています。
最高視聴率40.5%という『笑点』で人気が出た桂歌丸ですが、噺家としての本分をわきまえ、寄席や独演会で話芸を磨いてきました。大喜利でお馴染みの歯切れのよい語り口で、幼い頃の思い出から、時には思わぬ失敗もした60年間の噺家人生を振り返ります。自分の師匠直伝の言葉や教え、若い頃の悩みや苦労、交友録、落語家人生で得た数々の至言や奥深い芸論を、自分をさらけだして披露する一代記です。
落語芸術協会会長を務める円熟の落語家が、「目ェつむるまで努力するしかない」と日々精進を続ける生涯「落語道」には、テレビの人気にあぐらをかいた姿など微塵もありません。5人の弟子も育て、今も毎年夏には、新たな長編人情噺に取り組んでいます。思わず笑ってしまう『笑点』の知られざるエピソードや、初めて明かす出演者の秘話もあり、読後は落語が聞きたくなる一冊です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
歌丸師匠は、人気テレビ番組『笑点』の司会者を務め、いまやもっとも有名な落語家のひとりといえます。しかしその人生は、じつは順風満帆にはほど遠く、さまざまなしくじりや挫折がありました。その意外な過去と、話芸を磨き続けたた60年間の落語家人生で得た至言や芸論の数々に、思わず引き込まれてしまいます。
〈 目次をみる 〉
目 次
 
【はじめに】 噺家の本分を忘れずに

【第一章】 遊郭での子ども時代
       孫に甘かった育ての祖母
色街の年中行事と郭の暮らし
おふくろとの別れ
【第二章】 一五歳で入門
      古今亭今輔師匠に弟子入り      
      師匠方の教えと前座時代の思い出
     急いだ結婚と浪人生活
      「米坊」の名で再出発 
【第三章】 『笑点』出演四五年
      『金曜寄席』から『笑点』へ
     真打昇進
      小圓遊と圓楽さんのこと
【第四章】 横浜にぎわい座の開設と落語芸術協会の会長に
      横浜に再び寄席を
      古典落語に力を注ぐ
      弟子を育てる
【第五章】 生涯「落語道」
      圓朝ものへの挑戦
      自分の落語に磨きをかける

【おわりに】

あなたにオススメ!

  • イヨッ たっぷり!
  • 落語のいき ~江戸古典落語の…
  • 浮世に言い忘れたこと
  • 三代目桂三木助 落語全集(全…
  • 桂文我の上方落語案内
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ