毒警官

毒警官
ためし読み
定価
1870円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/320
ISBN
9784093866163

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/10/15
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
すぐには、死ねないぜ。
 窃盗の罪で横浜刑務所横須賀刑務支所に収監されていた利根太作は、身柄引受人の保護司が見つかったことで仮釈放された。社会復帰後は、保護司の娘・小海友紀が営む辻堂のレストランを住み込みで手伝うことになる。
 友紀の同居人である阿久津晴也は、窓際警官“ごんぞう"として鳩裏交番に勤務する傍ら、立件しづらい家庭内暴力や性虐待の加害者を、“毒"をもって殺さず粛清していた。利根が見込まれたのも、窃盗のスキルを期待してのことだったのだ。

「盛り盛りの毒が全開!」
--相場英雄氏(作家)
「現代の黙示録」
『震える牛』の著者が震えに震えた
危険極まりない悪童警察小説!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
●本書に登場する毒
ドクゼリ、トリカブト、ベラドンナ、チオペンタール、ローレルジンチョウゲ、ギンピーギンピー、マンチニール、アセビ、アヤメ、オシロイバナ、イラクサ、ボツリヌスキシン……
〈 電子版情報 〉
毒警官
Jp-e : 093866160000d0000000
すぐには、死ねないぜ。

 窃盗の罪で横浜刑務所横須賀刑務支所に収監されていた利根太作は、身柄引受人の保護司が見つかったことで仮釈放された。社会復帰後は、保護司の娘・小海友紀が営む辻堂のレストランを住み込みで手伝うことになる。
 友紀の同居人である阿久津晴也は、窓際警官“ごんぞう"として鳩裏交番に勤務する傍ら、立件しづらい家庭内暴力や性虐待の加害者を、“毒"をもって殺さず粛清していた。利根が見込まれたのも、窃盗のスキルを期待してのことだったのだ。

「盛り盛りの毒が全開!」
--相場英雄氏(作家)
「現代の黙示録」
『震える牛』の著者が震えに震えた
危険極まりない悪童警察小説!

あなたにオススメ!

  • ゴースト アンド ポリス G…
  • 教場2
  • 線の波紋
  • 緑陰深きところ
  • ガラパゴス 上
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31