今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は

今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
4-6/256
ISBN
9784093865753
〈 書籍の内容 〉
ジャルジャル福徳秀介待望の小説デビュー作
 大学2年生の「僕」は、入学前に憧れていた大学生活とはほど遠い、冴えない毎日を送っていた。日傘をさしていつも人目を避け、青春を謳歌している学生グループを妬ましく思う、そんな日々。友人は一人。銭湯掃除のバイトと孤独な大学生活だけの毎日。
 そんなある日、大教室で学生の輪を嫌うように席を立つ凜とした女子学生に出会う。その姿が心に焼き付いた「僕」は次第に深く強く彼女に惹かれていく。やっとの思いで近づき、初デートにも成功し、これからの楽しい日々を思い描いていたのだが・・・・・・。
 ピュアで繊細な「僕」が初めて深く愛した彼女への想いは実るのか。そして、僕の人生の、その先は---。
 著者自身の私小説を思わせる恋愛小説ながら、「生きる」ことそのものについても考えさせられる、心に刺さるホロ苦恋愛小説です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 まずは、この小説をなんの先入観も持たずに読んでいただきたい、というのが担当編集からのお願いです。
 著者が三年半の月日をかけて,大切に紡いだ作品です。何度も何度も改稿を重ねました。その「本気」と真摯な態度には頭が下がりました。そしてその繰り返しの中で、福徳さんの心が本当に叫んでいるものが見えてきました。著者をここまで真摯に小説の執筆に向かわせた原動力となるもの。そして、全身全霊を賭けて表現したいもの。
 その「熱さ」と「力」を是非感じていただきたいのです。
 本来の著者の天才的な言語感覚、リズム、ユーモアセンスに加えて、あっと驚くどんでん返し。そして、自身の私小説的要素も込められた恋愛小説でありながら、人間の生と死を見つめ直すきっかけになる、心に響く恋愛小説となりました。
 今回、著者自身「僕はいつも自分をさらけ出すことができない。でも、この小説では僕のすべてをさらけ出しました。さらけ出せました!」と、「心・丸裸」宣言をしています。初めて自身の心を丸裸にし、本気で取り組んだ一冊になります。
 どうぞよろしくお願い申し上げます
〈 目次をみる 〉
目次

第一章 花曇

第二章 緑雨

第三章 雷鳴

第四章 虹橋

第五章 幸空

あなたにオススメ!

  • 蒼のファンファーレ
  • 14歳、明日の時間割
  • 僕の未来だった君へ
  • 風の向こうへ駆け抜けろ
  • 幸転力
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31