ゴースト アンド ポリス GAP

ゴースト アンド ポリス GAP
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
4-6/320
ISBN
9784093865593
〈 書籍の内容 〉
第1回警察小説大賞、満場一致の受賞作!
「聞いてると思うけどさ。俺たちはごんぞうだから。無駄な仕事はしないから。張り切ってガタガタ騒いだりしないでね」
ごんぞう――自主的窓際警官のこと。
神奈川県辻堂にある鳩裏交番は、自主的窓際警官、いわゆる“ごんぞう"ばかりが集まった交番で、緊急配備の連絡にさえ誰も反応しようとしない。県警幹部も扱いに手を焼く“ごんぞう"たちだが、「巡回」だけは大好きで、住民との世間話をきっかけに事件に首を突っ込んでゆく。そんな中、ホームレスばかりを狙った連続殺人事件が発生。“ごんぞう"たちは真相に辿り着くのだが……。
第1回警察小説大賞、選考委員満場一致の受賞作!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「アンチヒーロー的な主役が魅力。一番面白い作品になる可能性、すなわち伸び代がある書き手」――相場英雄氏

「いわゆる『ごんぞう』だけを集めた実験交番。この設定を上手く生かし、愉快で物悲しい人間味のあふれる警察小説に仕上がっている」――長岡弘樹氏

「読み進めれば読み進めるほど面白くなる。警察小説というテーマに、もっとも斬新な形でこたえた作品」――幾野克哉(小説誌「STORY BOX」編集長)

あなたにオススメ!

  • 教場
  • ガラパゴス 下
  • 錯迷
  • 錯迷
  • 刑事の血筋
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ