いのち短し、踊れよ男子

いのち短し、踊れよ男子
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/256
ISBN
9784093865456
〈 書籍の内容 〉
日舞に魅了された男子学生の恋と友情!
 一目惚れした清香に誘われて舞い上がり、興味のなかった日本舞踊の発表会を見た大学生の駿介。だが駿介は、清香とともに舞台に立つ吉樹から目が離せなくなってしまう。華やかな舞台で堂々と踊る吉樹に比べて、まるで冴えない自分……。清香に「踊りの上手い人が好き」と言われた駿介は、二人がいる日舞教室に通うことを決意する。
 下心たっぷりの稽古通いが始まるが、容赦なく欠点を指摘する吉樹とはソリが合わず、喧嘩ばかり。しかも清香は吉樹ばかり気にしている。憎いライバルだが、吉樹の踊りの上手さは認めざるを得ず、駿介にはモヤモヤが募った。
 そんななか、発表会で駿介は「橋弁慶」を踊ることに。参考にと見せられたビデオの中で、のびのびと弁慶を踊る少女に感動する駿介。昔、教室にいた女の子らしいが――。
 芸事には縁のなかった男子が飛び込んだ、厳しくも魅力的な日舞の世界。
駿介は吉樹と上手く踊ることができるのか。日舞の名取でもある著者がリアルに描く、恋と友情の日舞男子小説!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
著者の安倍さんご自身が、藤間流・名取の日舞男子です。踊りの紹介では、どこがこの演目の胆かがわかりやすく説明され、踊り方の欠点なども具体的に示されています。日本舞踊の魅力がよく分かる、日舞小説です。

あなたにオススメ!

  • 変身
  • あなたの声に応えたい
  • 運命のひと
  • 左京区七夕通東入ル
  • 外科東病棟(小学館文庫)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ