ふたたび蝉の声

ふたたび蝉の声
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/304
ISBN
9784093865357

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/03/01
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
いろいろあるけど、前に進もうと思う。
五十歳を目前に控えた進は、役者という職業を細々と続けながら、東京で暮らしている。最近ようやく順調に仕事が入るようになったが、娘と妻のいる家庭内では、どうにも居心地の悪さを感じるようになった。
ときどき、ふと漠然とした不安を感じることがある。これから自分たちはどうなっていくのか……。
故郷で一緒に育った姉、友人。老いていく父と母、そして今の家族、妻と娘。
進の人生に関わる様々な人がいる。そして、それぞれがひとりひとりの人生を生きている。でも、どこかで重なり、繋がり、そしてお互いの人生に何かのきっかけを与え続けていく――。
“人生は、長いようであっという間"
翻弄され、迷いながらも家族や人生と向き合い、懸命に生きる人々を描いた群像小説。


【著者より】
小説『ふたたび蝉の声』は54年間生きてきた自分の人生観、家族や友人等、いろいろな想いを込めて書いた群像劇です。知り合いの誰かと誰かを足して創った人物もいれば、まったくの想像で創った人物もいたり……。楽しみながら、噛み締めながら書きました。是非、ご一読ください。
内村光良
〈 電子版情報 〉
ふたたび蝉の声
Jp-e : 093865350000d0000000
いろいろあるけど、前に進もうと思う。

五十歳を目前に控えた進は、役者という職業を細々と続けながら、東京で暮らしている。最近ようやく順調に仕事が入るようになったが、娘と妻のいる家庭内では、どうにも居心地の悪さを感じるようになった。
ときどき、ふと漠然とした不安を感じることがある。これから自分たちはどうなっていくのか……。
故郷で一緒に育った姉、友人。老いていく父と母、そして今の家族、妻と娘。
進の人生に関わる様々な人がいる。そして、それぞれがひとりひとりの人生を生きている。でも、どこかで重なり、繋がり、そしてお互いの人生に何かのきっかけを与え続けていく――。
“人生は、長いようであっという間"
翻弄され、迷いながらも家族や人生と向き合い、懸命に生きる人々を描いた群像小説。


【著者より】
小説『ふたたび蝉の声』は54年間生きてきた自分の人生観、家族や友人等、いろいろな想いを込めて書いた群像劇です。知り合いの誰かと誰かを足して創った人物もいれば、まったくの想像で創った人物もいたり……。楽しみながら、噛み締めながら書きました。是非、ご一読ください。
内村光良

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

ウッチャンと同じ小学校を卒業したものとして、本書に登場するさまざまなシーンが 実際にあるものばかりで親近感が湧きました。大ヒットするというよりも、ピンポイントに刺さるような作品だと思います。深みのある作品をこれからも作り続けて欲しいです!(10代 男性) 2020.1.27

何気ない日々の暮らしに、人との繋がりや思いが重なりあって、普通に暮らしているけど、それぞれドラマなんだと思えて自分や親や子供達の事を考えさせられた。(50代 女性) 2019.9.16

買ってそのまま家に置いてありました。病院で待ち時間が長いかもしれないと思って手に取った本がこれでした。気がついたら全てを一気に読んでいました。色々なことを考えさせられて、心に響く内容でした。(50代 女性) 2019.7.27

内村さんを「気付きの天才」と書いていた新聞の書評を読み、興味を持ち購入しました。色々な人生があるけど、全て愛おしく感じました。(50代 男性) 2019.7.14

書店で偶然見た時に、私自身熊本出身ってこともあり、買ってみました。(30代 男性) 2019.5.29

内村光良さんが好きで購入しました。ほのぼのした日常から、それぞれの家族の苦悩など、誰にでも当てはまる感情移入できる内容でとても引き込まれました。(30代 女性) 2019.5.2

デビューした頃からずっとウッチャンが好きです。沢山のテレビ番組を見てきました。初めての著書もただウッチャンが大好きだから購入しました。 けれど読んですぐに内容に引き込まれ、一気に読んでしまいました。会沢進さんをウッチャンに重ねたり、百合子さんが亡くなったことでサザンの桑田さんを思い出したり… ずっとお笑い芸人のウッチャンが書いたと思いながら読んだけど、描写や文面、内容があまりにも素晴らしすぎて好きすぎて…どれだけ多才な人なんだと思い返さずにはいられませんでした。 ウッチャンのファンじゃなかったら、きっとこの本は手に取っていなかったと思うと、つくづくファンで良かったとずっとウッチャンのファンだった自分を褒めたい気分です。 この先映画化されて、映像で見てみたい…でも泣いて仕方がないだろうから…最後に大笑いできるようにしてほしいです。 本当に素敵な作家さんに出会わせて下さり有難うございました。次作をウッチャンのファンではなく、作家内村光良さんのファンとして、楽しみにしています。 そしてLIFEもイッテQもスクール革命もずっと観ますので、遠泳部は、ちょっと心配だけど、応援します。修学旅行は是非また行ってください。イッテQメンバー全員と合宿とかも観てみたいな。ベッキーも帰ってきて欲しいです。ウッチャン自身が楽しい企画を色々して、私も楽しませてください。(50代 女性) 2019.5.1

内村光良さんの「ふたたび蝉の声」、とても素晴らしかったです。家族や親戚、そして友人の縁や絆は住む場所が違ってもまた時代を超えても繋がっているんだなと感じることができました。私も家族や親戚、友人を大切にして生きていきます。 この作品はとても素晴らしかったので、ぜひ内村光良監督の手で映画化してほしいです!(20代 男性) 2019.4.30

内村光良さんの大ファンなので、ぜひ読んでみたいと思いました。  内村さんにしか書けない世界観が好きです。 一気に読み進めたくなりました。(40代 女性) 2019.4.9

内村光良の本ということで興味があったため(20代 男性) 2019.4.8

あなたにオススメ!

  • 悲しみの港 上
  • ウズタマ
  • 夜ごとの揺り籠、舟、あるいは…
  • 猫のマルモ
  • 風の向こうへ駆け抜けろ
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ