とまり木

とまり木
定価
本体1850円+税
発売日
判型/頁
4-6/368
ISBN
9784093865289
〈 書籍の内容 〉
「生きてて、よかった」心が潤う感動の名作
 幼い頃に両親を亡くし、親戚に引き取られた青山伊津子。自分の居場所を必死で見つけて生きる伊津子だったが、行く先々で不幸な出来事に見舞われてしまう。一方、死んだ姉と常に比べられ母親に否定されつづける少女・小林美羽は、ひどいアトピー性皮膚炎のせいで学校でいじめられていた。たび重なる不幸に耐えきれなくなった二人は、それぞれの場所で自らの命を絶つことを思い立つ。交わってはいけないはずの二人の人生は、この世でもあの世でもない、〈ある場所〉で交差する。
 一度は諦めた「生きる」ということ。不思議な場所との出会いを通じて、もう一度「生きる」ことにした二人の人生は……。
 壮絶な人生を生きる人が、自らの人生を終えようとするとき、彼らに聞こえた天からのメッセージとは。心が潤う感動の長編小説。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
いじめ、虐待、セクハラ、報われない恋、傷つけられたプライド、気が遠くなるほどの孤独、かなわない夢――。誰しも一度は「死にたい」と思うほど、寂しくて辛い気持ちになったことがあるのではないでしょうか。この本は、そんなあなたに届けたい一冊です。現代の日本の自殺未遂者の数は、自殺者の数を何倍も上回るといいます。鳥が羽を休める「とまり木」のような場所が、この世界には本当にあるかもしれません。
 与えられた命を生きる、ということがどういうことかを考えさせられるこの物語。最後には登場人物それぞれの人生が走馬灯のように思い出され、涙が出ます。心落ち着くときに、ぜひ読んでいただきたいです。

あなたにオススメ!

  • 満天のゴール
  • 死にたい、ですか
  • 風の向こうへ駆け抜けろ
  • 風の向こうへ駆け抜けろ
  • がんばれば、幸せになれるよ〔…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ