猫の話をそのうちに

猫の話をそのうちに
定価
本体1,300円+税
発売日
判型/頁
4-6/210
ISBN
9784093864862
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
燃え殻さん絶賛! 元カノ青春小説
 永遠だと思った日常は、今の僕には眩しくてもう見えない。
 どこか自分の作品と似た匂いを感じました――燃え殻さん

 お前はひどい奴だよ。でも、歌うしかないんだよ、彼女のことを。

 売れないギターデュオ・ネクストマンデイのひとり、野崎周一郎は、相方がこの業界から去り、覚束ない日々を送っていた。そんなある日、偶然居合わせた居酒屋で、人気ミュージシャン・黒沢と飲むことになる。その場で、説教をされ、号泣した野崎だったが、翌日、何事もなかったように黒沢から飲みの誘いを受ける。以降、野崎は、気が付けば頻繁に黒沢と飲むようになった。だが、元カノとの中途半端な交際を指摘されたことをきっかけに、野崎と黒沢は連絡が途絶えてしまう。それから、長い時間が流れた――。

あなたにオススメ!

  • BE-TWINS
  • 続・森崎書店の日々
  • 最後に咲く花〔小学館文庫〕
  • 世界でいちばん美しい
  • 香港の甘い豆腐
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ