おめでたい女

おめでたい女
定価
本体1,500円+税
発売日
判型/頁
4-6/240
ISBN
9784093864824
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
佐藤愛子さんも激賞、圧倒の離婚私小説!
《離婚後、ずっと自分で五十枚の原稿を書いていた。これが世に出なければ死んでも死にきれないと思った。「神様、この原稿を書き上げる力を下さい」と神頼みしながら書いた。(中略)今回神頼みするにあたり、「わたしは空手で、大事なお願い事は致しません。原稿が書けるのなら今までの名前は捨てます」と誓ったので今後は、鈴木マキコで書いていきます》(小学館文庫「逆襲、にっぽんの明るい奥さま」あとがきより)
 さわベス2017文庫編1位に輝いた「逆襲、にっぽんの明るい奥さま」の著者・夏石鈴子がそのペンネームを捨て、全身全霊をかけて自身の離婚のすべてを描いた圧倒の私小説。
 連載中、あの佐藤愛子さんが思わず筆を執り著者の才能を激賞。「別れたいのに別れられない」女性、必読。 

あなたにオススメ!

  • 逆襲、にっぽんの明るい奥さま
  • 天頂より少し下って
  • さよなら、田中さん
  • マンゴスチンの恋人
  • 踏んでもいい女
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ