刑事の血筋

刑事の血筋
定価
本体1,500円+税
発売日
判型/頁
4-6/288
ISBN
9784093864770
〈 書籍の内容 〉
刑事の息子が綴る、本邦初の警察家族小説!
キャリアの父とノンキャリの弟は、
刑事だった父の汚名を雪げるか?

警察庁の刑事局組織犯罪対策部薬物銃器対策課に所属していた高岡剣は、異動で故郷・津之神市に戻ってきた。着任初日から連日、県警本部の資料室で資料を読み漁っている剣の目的の一つは、津之神市で過去に起こった銃と麻薬密輸に関する事件を洗い直すこと。もう一つは――15年前に殉職した父、高岡敬一郎の死の謎を探ることだった。津之神署の刑事となった弟の守は、昔からそりの合わない剣の帰郷を歓迎できずにいた。

本邦初! 刑事の息子が
万感の思いを込めて綴る、
“警察家族"小説!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「警察官 宣誓」
 私は、日本国憲法及び法律を忠実に擁護し、命令及び条例を遵守し、地方自治の本旨を体し、警察職務に優先してその規律に従うべきことを要求する団体又は組織に加入せず、何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当たることを固く誓います。

あなたにオススメ!

  • 汚名刑事
  • 錯迷
  • 教場2
  • 特異家出人 警視庁捜査一課特…
  • 教場 2
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ