末ながく、お幸せに

末ながく、お幸せに
定価
本体1,200円+税
発売日
判型/頁
4-6/208
ISBN
9784093864763
〈 書籍の内容 〉
もらい泣き必至の結婚式小説!
お祝いを一言、お願いします。
8人のお祝いスピーチで、何が語られたのか!?

シリーズ1000万部ベストセラー
『バッテリー』完結から12年!
ついに辿り着いた
あさの文学の最高到達点!

謹啓 光がきらめきを増し、本格的な夏の到来を感じるころとなりました。
この眩しい季節に、わたしたちは結婚いたします。
つきましては、わたしたちの結婚の宴にぜひとも
ご臨席をお願いしたく、 招待状をお送りさせていただきます。
わたしたちが、わたしたちの新たな旅立ちを
祝っていただきたいと思う方々だけを
ご招待した、ささやかな宴です。
ご多用中とは存じますが、どうか、よろしくお願い申し上げます。
                                       謹白
日時  七月一日   午前十一時より
場所  やまべリラホテル  二階 インディゴ
九江 泰樹   瀬戸田 萌恵 

あたし、生まれてきてよかった。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
近頃初めて「ゼクシィ」を買った女性と、そのお母さんにぜひ読んでほしい物語です。ここに描かれているのは、母娘の紛れもない真実の愛です。
――担当編集者

あなたにオススメ!

  • こんなにも優しい、世界の終わ…
  • 越し人 芥川龍之介最後の恋人
  • 自殺志願
  • 八月の光・あとかた
  • Re: 返信
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ