俺はエージェント

俺はエージェント
ためし読み
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
4-6/522
ISBN
9784093864732
〈 書籍の内容 〉
大沢エンタメ史上ぶっちぎりサスペンス巨編
 下町の居酒屋にかかってきた1本の電話。それは二十三年ぶりに復活した極秘ミッション「コベナント」の発動だった――。
 スパイ小説好きのフリーター青年・村井が馴染みの居酒屋からアパートに戻ると、突然、常連客の白川老人が訪ねてきた。何でも現役エージェントに復帰する秘密指令がバレてしまい、怪しい男たちに命を狙われているという。ここは下町なのに!? オメガの復活を阻止すべく、敵対するアルファ・エージェントの殺し屋たちが次々と村井たちに襲いかかる。
 絶体絶命、逃げ道はどこにもない。だが、何かがおかしい。
 裏切り者は誰か? 誰が味方で誰が敵なのか、誰にもわからない。そして、裏切られた裏切り者とは・・・・・・!?
 フリーター青年と元凄腕エージェントの老人。年齢差四十歳以上の“迷コンビ"が、逃げて、逃げて、巨悪組織の陰謀を追いつめる。
「新宿鮫」とは真逆の、新たなヒーローが誕生!?
 予測絶対不可能! 最凶のどんでん返し!! ベストセラー作家・大沢在昌氏が放つ、ぶっちぎりのサスペンス巨編です。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

大沢在昌作品は、以前、新宿鮫シリーズを全部読み、他にも少し読んだこともあるが、久しぶりに初期の頃の作品を読んでみたくなって、また、読み集め始めました。(60代 男性) 2018.11.28

あなたにオススメ!

  • 希望荘
  • 汚名刑事
  • 十津川警部 哀しみの余部鉄橋…
  • 鸚鵡楼の惨劇
  • 砂の街路図
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031