本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話
ためし読み
定価
本体1,400円+税
発売日
判型/頁
4-6/224
ISBN
9784093864633
〈 書籍の内容 〉
『神様のカルテ』シリーズ外、初の長編!
「お前は、ただの物知りになりたいのか?」
 夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。
 痛烈痛快! センス・オブ・ワンダーに満ちた夏川版『銀河鉄道の夜』!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
300万部超のベストセラー『神様のカルテ』著者、
初のファンタジー長編!

あなたにオススメ!

  • 神様のカルテ0
  • 神様のカルテ0
  • 神様のカルテ
  • 神様のカルテ 2
  • P.S.あいらぶゆう 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ