雨利終活写真館

雨利終活写真館
定価
1760円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/258
ISBN
9784093864602
〈 書籍の内容 〉
遺影専門写真館を舞台にしたミステリー連作
  『人生の最期に最愛の人へ最高の自分を贈るために』
巣鴨の路地裏に佇む遺影専門の雨利写真館には、今日も死に向き合う人々が訪れる。撮影にやって来る人々の生き様や遺された人の人生ドラマを若手注目ナンバー1新進気鋭のミステリー作家・芦沢央が見事な謎解きで紡ぎ出す。

 人生の終焉を迎える時、人は、本当に大切な物が見えてくる。
ミステリー、なのに心温まる珠玉の4編。

●一つ目の遺言状 ハナの祖母の遺言状。その内容が波紋を呼ぶ。
●十二年目の家族写真 母の死を巡り、父と息子の葛藤の日々が始まる。
●三つ目の遺品 写真館に遺された一枚の写真。そこに写る妊婦は?
●二枚目の遺影 末期癌を患う男性が撮った二枚の遺影写真。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 発売前に書店員さんや関係者に原稿を読んでいただいたのですが、とにかく各方面から大変な反響をいただいています。『遺影』をキイワードに人間ドラマを描くという、斬新な発想。読み始めたらその世界にぐいぐい引き込まれます。『終活』というタイトルから、年を重ねた方が読者対象を思われるかもしれませんが、若い方にも是非手に取っていただきたい秀作です。

あなたにオススメ!

  • 小説X あなたをずっと、さが…
  • あなたをずっと、さがしてた
  • 悲願花
  • 今日の空が一番好き、とまだ言…
  • 教場0
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ