小説王

小説王
ためし読み
定価
本体1,600円+税
発売日
判型/頁
4-6/306
ISBN
9784093864404
〈 書籍の内容 〉
文芸冬の時代に放つ激熱エンタテインメント
 大手出版社の文芸編集者・俊太郎と、華々しいデビューを飾ったものの鳴かず飛ばずの作家・豊隆は幼馴染みだった。いつか仕事を。そう約束したが、編集長の交代などで、企画すら具体的にならないまま時間だけが過ぎていく。やがて、俊太郎の所属する文芸誌は存続を危ぶまれ、豊隆は生活すら危うい状況に追い込まれる。そんな中、俊太郎は起死回生の一手を思いつく。三流編集者と売れない作家が、出版界にしかけた壮大なケンカの行方は!?
 小説の役割は終わったのか? 「STORY BOX」連載時から、作家・編集者・書店員の方々をざわつかせた問題作がついに刊行。小説をめぐる、男たちの熱きドラマ! 『イノセント・デイズ』『95』で大注目の作家が、文芸冬の時代に放つ、激熱のエンタテインメント!!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
装画は、故・土田世紀先生の『編集王』のカットを使用。
読んでいただいた書店員さんから、熱いコメントが多数寄せられています。

あなたにオススメ!

  • 破産
  • 破産
  • 脱・限界集落株式会社
  • 右の心臓
  • 限界集落株式会社
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ