ガラパゴス 上

ガラパゴス 上
ためし読み
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/272
ISBN
9784093864329
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
現代の黙示録『震える牛』続編!
警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、身元不明のままとなっている死者のリストから殺人事件の痕跡を発見する。不明者リスト902の男は、自殺に見せかけて都内竹の塚の団地で殺害されていた。
 遺体が発見された現場を訪れた田川は、浴槽と受け皿のわすかな隙間から『新城 も』『780816』と書かれたメモを発見する。竹の塚で田川が行った入念な聞き込みとメモから、不明者リスト902の男は沖縄県出身の派遣労働者・仲野定文と判明した。田川は、仲野の遺骨を届けるため、犯人逮捕の手掛かりを得るため、沖縄に飛ぶ。
仲野は福岡の高専を優秀な成績で卒業しながら派遣労働者となり、日本中を転々としていた。田川は仲野殺害の実行犯を追いながら、コスト削減に走り非正規の人材を部品扱いする大企業、人材派遣会社の欺瞞に切り込んでいく。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
ハイブリッドカーは、本当にエコカーなのか?
日本の家電メーカーはなぜ凋落したのか?
ガラパゴス化した現代日本の矛盾をえぐり出す、
危険きわまりないミステリ-!

 

 

テレビCM                                                                     小学館ch

 

 

あなたにオススメ!

  • ガラパゴス 上
  • ガラパゴス 下
  • 震える牛
  • ボディコン刑事(デカ) 10
  • エルメスの手
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ