鳩の撃退法 下

鳩の撃退法 下
定価
本体1850円+税
発売日
判型/頁
4-6/482
ISBN
9784093863896
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
小説界のカリスマ最高到達点!
【文章のプロたちも愛読する名作!】
★語りのうまいこの文章を、永遠に読んでいたい。
――東山彰良さん(2015年10月のトークイベントにて)
★おもしろかったぁ。読むのを止められないミステリ&サスペンスであり、しゃれた「小説論」や「文体論」でもあるような名作。こんなに闊達に、しかも丁寧に文章が書いてみたいなぁ。
――糸井重里さん(2015年1月のツイートから)
★小説だからこそ創れる迷宮。佐藤正午の大傑作。
――伊坂幸太郎さん(2015年9月「アンダーリポート/ブルー」解説より)

「このままじゃおれたちはやばい、ラストに相当やばい場面が待っているかもしれない。おれたちというのは、床屋のまえだとおれ、それにもちろん津田さんの三人組のことだ。だけど厳密にやばいのはあんただよ。わからないか。夜汽車に乗って旅立つ時だよ」
 社長からいきなり退職金を手渡された津田伸一に、いよいよ決断の機会が訪れる――。
 忽然と姿を消した家族、郵便局員の失踪、裏の世界の蠢き、疑惑つきの大金……、たった一日の邂逅が多くのひとの人生を、狂わせてゆく。



〈 編集者からのおすすめ情報 〉
本作品は文芸誌「きらら」に足かけ4年にわたり連載されました。その期間毎月、次回はどんな内容がどんなふうに描かれるのだろうか、と待ちきれなくてうずうずしていた編集者にとっては、こうして上巻から下巻までいっぺんに読める「あなた」が正直なところうらやましいです。下巻では急展開も待ち構えています。ぜひ最後の1行まで、これぞ小説、と言えるおもしろさをご堪能ください。

あなたにオススメ!

  • 鳩の撃退法 下
  • 鳩の撃退法 上
  • 書くインタビュー 2
  • HEADS(ヘッズ) 4
  • 金脈 The OILSHOC…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ