彫千代

Emperor of the Tattoo

彫千代
ためし読み
定価
本体1700円+税
発売日
判型/頁
4-6/368
ISBN
9784093863827
〈 書籍の内容 〉
「刺青のエンペラー」とよばれた男の一生!
 1913年、ニューヨーク。ハドソン川で若い女性の死体が発見され、ニューヨーク市警は女の肩にヘビの絵柄とともに彫られていた「H・C」のイニシャルをもつ刺青家の捜索を開始する――
 時は遡って1859年。駿河の下級武士の家に生まれた宮崎匡(のちの彫千代)は運命的に出会った刺青に心を奪われ、放浪の末、彫り師を志す。欧米人には「刺青のエンペラー」と称賛され世界にその名を轟かすまでになるが、遊女・お蓮との初恋は悲しく砕け散った。古風な実兄との確執、師匠からのいじめ、右目の失明……数々の苦難を乗り越えて、新しい時代の"美"を追求した彫千代を待ち受けていたのは、さらなる悲劇だった。
 自由奔放でわがまま、しかし繊細で常に"小さき命"への慈しみを忘れなかった男、彫千代。かつてないほど人間臭い英雄が、守るべきもののために下した衝撃の決断とは――!?
 いま最注目の実力派作家が実在の伝説的彫り師の生き様を描いた、感動の歴史エンタテインメント!!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
『忘れないと誓ったぼくがいた』(2015年映画公開)、ロングセラー『あの日の僕らにさよなら』などで注目を集める著者の、初の歴史小説です。

あなたにオススメ!

  • 五峰の鷹
  • 凍原 北海道警釧路方面本部刑…
  • 決戦の時(上)
  • 五峰の鷹
  • 謎解きはディナーのあとで 2
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ