エストロゲン

エストロゲン
ためし読み
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/322
ISBN
9784093863612
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
女47歳。最後かもしれない恋は突然訪れた
主人公は大学の同級生3人。主婦になり不妊治療をあきらめてカフェのパートに励む千乃、バツイチとなっても義母と同居し2児を託して証券会社に勤務する泉、起業家と結婚し専業主婦として2児を育てる真子。彼女たちが47歳の夏に再会し、更年期や子供との関係に悩む一方で、新たな恋、先の見えない恋に陥りながら、女としての残りの人生を考える姿を描く。
女はいくつまで女でいられるのか、いくつからが中年なのか。体や心の変調に悩むR40読者の間で波紋を呼んだ『中年前夜』(小学館)から4年。甘糟氏がR40、50世代の女性にあらためて問う一作です。
「若くもない女の恋愛なんて、美しいものではない」「夕方を待つ空は美しい。自分たちはまさしくこの空のようだと思う」「いくつになっても、恋は最初で最後」―――印象的で美しい言葉が彩る大人の恋愛小説です。

あなたにオススメ!

  • エストロゲン
  • 僕の未来だった君へ
  • 中年前夜
  • 一九七二年のレイニー・ラウ〔…
  • こぼれそうな唇
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728