狗賓(ぐひん)童子の島

狗賓(ぐひん)童子の島
ためし読み
定価
本体2300円+税
発売日
判型/頁
4-6/560
ISBN
9784093863445
〈 書籍の内容 〉
歴史小説の巨人、6年ぶりの新刊!!
 弘化三年(1846)日本海に浮かぶ隠岐「島後」に、はるばる大坂から流された一人の少年がいた。西村常太郎、十五歳。大塩平八郎の挙兵に連座した父・履三郎の罪により、六つの年から九年に及ぶ親類預けの果ての「処罰」だった。
 ところが案に相違して、島の人々は常太郎を温かく迎えた。大塩の乱に連座した父の名を、島の人々が敬意を込めて呼ぶのを常太郎は聞いた。
 翌年、十六歳になった常太郎は、狗賓が宿るという「御山」の千年杉へ初穂を捧げる役を、島の人々から命じられる。下界から見える大満寺山の先に「御山」はあったが、そこは狗賓に許された者しか踏み入ることができない聖域だった。
 やがて常太郎は医術を学び、島に医師として深く根を下ろすが、徐々に島の外から重く暗い雲が忍び寄っていた。

『神無き月十番目の夜』『雷電本紀』『始祖鳥記』『黄金旅風』『出星前夜』と、いずれも歴史小説の金字塔となり得る傑作ばかりを書き続けてきた作家・飯嶋和一。
 いつの頃からか、書評家や書店員のあいだで、「飯嶋和一にハズレなし」と語られるようになった作家の6年ぶりの新刊です。
 今回も超弩級の大作です。存分にお楽しみください!

あなたにオススメ!

  • 狗賓童子の島
  • 雷電本紀(小学館文庫)
  • 出星前夜
  • 始祖鳥記(小学館文庫)
  • 新編傑作選4 しづやしづ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ