グリーンライト

グリーンライト
定価
本体1,200円+税
発売日
判型/頁
4-6/192
ISBN
9784093862530

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/07/14
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
平成の渋谷を彷徨う男6人の欲望と叫び
2月。月曜日の渋谷、夕方。プロスノーボーダー、整体師、ラッパー、キャバクラスカウトマン、メーカー勤務、不動産営業マン。同日、同時刻、生い立ちも歳も仕事も違う6人の男たちが、渋谷の裏通りを彷徨っている。この男の悲しみが澱のように敷き詰められた街で、彼らをつなぐのは、チンケな緑色の100円ライター。男たちの嘆きは声にならない、しかし、ふつふつと内側にエネルギーをためていく。そしてついに…! 平成の東京・渋谷で生きる男たちの心の機微を鮮やかに描いた物語。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
これまで恋愛小説やエッセイを数多く書いてきた作者が、この作品で初めて男性の内面を描くことに挑戦。書き上げるまで、さまざまな男性に取材・インタビューするなど、とても苦労したと作者は言いますが、そのかいあって、男性目線だけでも女性目線だけでもない、作者LiLy目線の、男のリアルな真実――怒り、優しさ、弱さ、ズルさ、寂しさ、そして無謀なほどの純粋さ――が、作品の中に凝縮されました。で、そのLiLy目線って、まさに私たちの目線では?と、目からウロコ気分にさせてくれるはず。
前作『パープルレイン』とも登場人物が複雑にからみあった作品ですが、もちろん、この一冊だけでもお楽しみいただけます。
〈 電子版情報 〉
グリーンライト
Jp-e : 093862530000d0000000
平成の渋谷を彷徨う男6人の欲望と叫び。

2月。月曜日の渋谷、夕方。プロスノーボーダー、整体師、ラッパー、キャバクラスカウトマン、メーカー勤務、不動産営業マン。同日、同時刻、生い立ちも歳も仕事も違う6人の男たちが、渋谷の裏通りを彷徨っている。この男の悲しみが澱のように敷き詰められた街で、彼らをつなぐのは、チンケな緑色の100円ライター。男たちの嘆きは声にならない、しかし、ふつふつと内側にエネルギーをためていく。そしてついに…! 平成の東京・渋谷で生きる男たちの心の機微を鮮やかに描いた物語。

あなたにオススメ!

  • こぼれそうな唇
  • 彼女の存在、その破片
  • パープルレイン
  • 夜の三部作
  • 大脱走
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031