バッハの風景

バッハの風景
定価
本体3400円+税
発売日
判型/頁
A5/338
ISBN
9784093861595
〈 書籍の内容 〉
小学館の『バッハ全集』(全15巻CD156枚)の刊行委員の一人でもある、バッハ研究者、樋口隆一氏のバッハ論の集大成である。樋口氏が初めてドイツに行ったのは1972年、当時26歳の大学院生、東西冷戦のさ中のライプツィッヒに着いたときの感動から、氏のバッハ研究は始まる。日本におけるバッハ受容はこの間、大きな変化をとげる。宗教音楽として敬遠されがちだったカンタータは、今日多くの聴衆の聴くところとなった。樋口氏は勤務先の明治学院大学で自らバッハ・アカデミーという演奏団体を設立し、指揮者として2000年より活動を続けている。'06年6月にはライプツィッヒのニコライ教会でカンタータを演奏する。氏のバッハに対する思いは深く、本書は平明な語り口の中に、隅々までバッハに対する愛情のあふれた本である。

あなたにオススメ!

  • バッハとの対話
  • 全集 日本の歴史 第5巻 躍…
  • 日本美術全集 16 激動期の…
  • まり子の「ねむの木」45年
  • ばぁば 92年目の隠し味
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31