老境の美徳

老境の美徳
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
4-6/224
ISBN
9784093798822
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
高齢者の美しい生き方、老い方とは?
『人間の分際』『人間にとって成熟とは何か』『老いの才覚』など、「生き方・老い方」について綴ったエッセイが立て続けにベストセラーとなった著者・曽野綾子氏。84歳の現在も各紙誌で多くの連載を持つ著者の忌憚のない社会考察は、きれいごとや建前論とは一線を画す《すがすがしさ》を読む人に感じさせる。
 本書では「高齢者の生き方」について綴ったエッセイのほか、社会の合言葉になりつつある「女性活躍社会」に対する疑問、さらに、「権利を過剰に求め、安心を保証しようとする社会風潮」への批判などで構成。曽野氏ならではの視点から、日本社会と日本人の甘えの構造を浮き彫りにする一冊。

あなたにオススメ!

  • 人生の退き際
  • 新装版 台湾人と日本精神
  • 謝罪の時代
  • 脳の王国
  • 後妻白書
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ