国家のシロアリ

復興予算流用の真相

国家のシロアリ
定価
本体1,300円+税
発売日
判型/頁
4-6/226
ISBN
9784093798563
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
復興予算19兆円を奪ったのは誰だ!
 「復興予算19兆円を奪ったのは誰だ!」――「復興予算流用問題」を週刊ポストでスクープした記者が、「流用はなぜ、どのようにして起きたのか」「流用を仕組んだのは誰だったのか」を徹底検証した小学館ノンフィクション賞優秀賞受賞作。
 東日本大震災からの「復興」という名目で、政府は19兆円にも及ぶ「復興予算」を組んだ。ところが震災から1年以上が経過した2012年中頃、その復興予算の大半が、被災地とは「無関係」の事業に使われていることが明らかになった。霞が関の合同庁舎、捕鯨のシーシェパード対策に次世代原子力の核融合計画まで、目を疑うような「予算の流用」が、霞が関の主導で公然と行なわれていた。
〈彼らは何も、意図的にこの国を壊そうとしているわけではない。彼ら個々人は、みな有能で優秀で、そして仕事に忠実な「働きアリ」のはずだ。しかし、組織における働きアリが、国家にとってはシロアリと化してしまうのが、この国の現実である。〉(本文より)
 流用はなぜ、どのようにして起きたのか――その全過程を辿ることで、政治家、官僚、そしてメディアまでが一体化した「日本というシステム」の構造的欠陥を明らかにする。

あなたにオススメ!

  • 国家の「罪と罰」
  • 復興増税の罠
  • 朝日新聞元ソウル特派員が見た…
  • テヘランからきた男 西田厚聰…
  • 原発は“安全”か
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ