アメリカに潰された政治家たち

アメリカに潰された政治家たち
定価
1320円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/226
ISBN
9784093798365
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
戦後政治史“最大のタブー"に挑む!
ベストセラー『戦後史の正体』の著者で元外務省国際情報局長が、戦後政治史“最大のタブー"といえるアメリカの謀略を明らかにする。
 なぜ野田政権は、原発再稼働、TPP参入、オスプレイ導入といった、アメリカが喜ぶ政策に前のめりなのか。その理由は、この政権が、小沢一郎・鳩山由紀夫という「最後の対米自主派」の政治家が潰された後に誕生した、戦後最大の「対米追随」政権だからである。
 本書は、岸信介、田中角栄、小沢一郎ら自主派の政治家が、いかにして対米追随からの脱却を図り、そしてアメリカによって潰されたかを詳らかにすることで、現在に至る日本政治の「本当の問題点」を摘出する。
 そうして自主派の政治家たちがすべて姿を消したなか、現れたのが反原発の官邸前デモだった。官邸前デモは、アメリカに潰された政治家たちに代わって、民衆自身がアメリカ支配による「戦後体制」を終わらせようとする、歴史の転換点である。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
新著『戦後史の正体』がベストセラーとなっている元外務省国際情報局長が、いまなお繰り返される、政治家に対するアメリカの謀略を完全暴露する緊急出版。原発再稼働からTPP、さらには尖閣・竹島問題まで、現在の日本政治が抱える問題点の「正体」がすべて分かる。

あなたにオススメ!

  • 「国家の衰退」からいかに脱す…
  • ゴッドドクター 徳田虎雄
  • 日本の論点
  • 復興増税の罠
  • 人を動かす天才 田中角栄の人…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ