太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編

太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編
ためし読み
定価
本体1,700円+税
発売日
判型/頁
4-6/338
ISBN
9784093798297

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/12/06
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
玉砕の戦場 刻まれた記憶
ガダルカナル、ニューギニア、インパール、サイパン、レイテ島、ルソン島、硫黄島、沖縄、そして占守島。圧倒的な火力を誇る米軍と激戦を展開した日本軍は、各地で玉砕を繰り返した。太平洋戦争(大東亜戦争)で、陸軍の戦死者は全体の77パーセント、およそ165万人に及んでいる。

不意に襲う砲弾は容赦なく兵士の身体を切り裂いた。髪が抜けやがて歯が抜ける極限の飢え、鼻腔をつく屍臭。生きるためには敵兵の血肉をすすることすら余儀なくされた。70年前に刻まれた記憶――門田隆将氏が100人を超える元兵士を全国に訪ね、記録する。

<私は、玉砕の戦場から生還した元兵士たちに「なぜあなたは生き残れたのですか」と問いつづけた。誰もがその問いに、「それは運命としか考えられない」と答えた。私はその言葉を聞きながら、彼らの証言は、戦死した二百万人を超える兵たちが生き残った戦友の口を借りて、私に「遺言」を託しているものなのではないか、と思った>(はじめにより)
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
気鋭のノンフィクション作家・門田隆将氏の綿密な取材と精緻な筆致により、極限の戦場が臨場感をもって忠実に再現されています。国家や平和を考える上でも避けては通れない、私たちが語り継いでいくべき真実がここにあります。

 『陸軍玉砕編』は『零戦・特攻編』につづく第二弾。2012年4月刊行予定の第三部『大和沈没編』とあわせて、太平洋戦争における空・陸・海の最前線が描かれます。戦争ノンフィクションの決定版です。
〈 電子版情報 〉
太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編
Jp-e : 093798290000d0000000
玉砕の戦場 刻まれた記憶。

ガダルカナル、ニューギニア、インパール、サイパン、レイテ島、ルソン島、硫黄島、沖縄、そして占守島。圧倒的な火力を誇る米軍と激戦を展開した日本軍は、各地で玉砕を繰り返した。太平洋戦争(大東亜戦争)で、陸軍の戦死者は全体の77パーセント、およそ165万人に及んでいる。

不意に襲う砲弾は容赦なく兵士の身体を切り裂いた。髪が抜けやがて歯が抜ける極限の飢え、鼻腔をつく屍臭。生きるためには敵兵の血肉をすすることすら余儀なくされた。70年前に刻まれた記憶――門田隆将氏が100人を超える元兵士を全国に訪ね、記録する。

<私は、玉砕の戦場から生還した元兵士たちに「なぜあなたは生き残れたのですか」と問いつづけた。誰もがその問いに、「それは運命としか考えられない」と答えた。私はその言葉を聞きながら、彼らの証言は、戦死した200万人を超える兵たちが生き残った戦友の口を借りて、私に「遺言」を託しているものなのではないか、と思った>(はじめにより)

【ご注意】※この作品には図表が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

あなたにオススメ!

  • 太平洋の奇跡~フォックスと呼…
  • 帰還せず 残留日本兵六〇年目…
  • 奇跡の歌
  • 尾根のかなたに 父と息子の日…
  • 痛みの道標
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ