「利他」

人は人のために生きる

「利他」
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/208
ISBN
9784093798273
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
震災後をどう生きるか?二人の初の対談集
なぜ、いい人ほど不幸になるのか? 理不尽な世の中を生き抜くヒントは「利他」――誰かの幸せのために尽くす生き方にある。

本書で紹介されている、ある老師の話によれば、「地獄」と「極楽」は、見た目ではそれほど違いはないという。どちらにも、大きな釜に美味しそうな「うどん」が煮えており、みんなが1メートルもある長い箸を持っている。地獄の住人は、われ先にと食べようとするが、箸が長すぎて自分の口にうまく運べず、他人の箸の先のうどんを奪い合うようになり、結局、みんなが飢えて、痩せ衰えていく。一方、極楽では、誰もが箸で掴んだうどんを、向かい側の人に先に食べさせてあげている。だから全員が満ち足りているのだ……。

生き方しだいで「地獄」は「極楽」に変わる。どんなに生きづらくとも、“誰かのため"なら、きっと生きられる――この挿話は、そんな示唆を与えてくれる。

二人合わせて百七十歳。作家として、経営者として、今も第一線で尽力し続ける二人の仏教者が、両人による対談集としては初となる本書で、震災後の苦難の時代を生きる「知恵」と「覚悟」を語り合う。読めば元気が湧いてくる、全国民必読の書。
関連サイト:・稲盛和夫オフィシャルサイト
http://www.kyocera.co.jp/inamori/publication/2011/12/publication28.html

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
著者のお二人は、数えですでに九十歳と八十歳、合わせて百七十歳となります。京都にお住まいで、共に得度を受けた仏教者であると同時に、作家として、経営者として、分野は違いますが、どちらも第一線で活躍されています。これまで、雑誌や鼎談本・アンソロジー集などで、お二人の対談や談話が一緒に紹介されることはありましたが、一冊の対談本としてまとめられたのは、本書が初めてとなります。東日本大震災後の日本人の生き方から、「老い」「病い」そして「死」をめぐる人生の諸問題について、互いが互いの良い聞き手になりながら、これまで一度も語られることのなかった本音が引き出されていきます。お二人の興味深いお話に引き込まれているうちに、いつしか元気が湧いてくる対談集です。
〈 目次をみる 〉
まえがき 稲盛和夫
第1章[震災を経験して] 今こそ、勇気を――「千年に一度」の悲しみを乗り越える法
第2章[逆説の人生観] なぜ、いい人ほど不幸になるのか――どんな悪い世の中もいずれ変わる
第3章[震災後の生き方] 「利他」のすすめ――人は“誰かの幸せ"のために生きている
第4章[新・日本人論] 日本を変えよう、今――「小欲知足」と「慈悲」を忘れた日本人へ
第5章[「利他」の実践] 人はなぜ「働く」のか――“誰かのために尽くす"ことが心を高める
第6章[生と死のあいだ] 「天寿」と「あの世」の話――「生老病死」の四苦とどう付き合うか
あとがき 瀬戸内寂聴

あなたにオススメ!

  • 利他
  • 3・11以前 美しい東北を永…
  • 「首尾一貫感覚」で心を強くす…
  • わがままだって、いいじゃない…
  • 夢で逢いましょう
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31